2017年10月10日更新
鉄腕DASH TOKIO 生ゴミ

TOKIOのせい?「鉄腕DASH」で生ゴミ放置…スタッフが借りた台所の片付けせずに大炎上!?

日本テレビ系の人気番組「ザ!鉄腕!DASH!!」のロケで台所を貸したところ、番組スタッフが調理後の後片づけを一切せず、床やシンクに「生ゴミ」を放置したまま立ち去っていたそうです。

16747
0
日本テレビ系の人気番組「ザ!鉄腕!DASH!! 」のロケで台所を貸したところ、番組スタッフが調理後の後片づけを一切せず、床やシンクに「生ゴミ」を放置したまま立ち去っていた――。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
北海道斜里郡で漁師として働く男性が寄せたこんな「告発ツイート」が、インターネット上で波紋を広げている。いったい、現場で何があったのか。J-CASTニュースが、投稿者に詳しい話を聞いた。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
2017年9月24日放送の同番組では、アイドルグループ「TOKIO」のメンバーが、幻の魚とも言われる「オオカミウオ」を北海道・オホーツク海で捕獲し、地元の料理人と共に調理する模様を取り上げた。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
この調理シーンの撮影で使われたのが、北海道斜里郡のある漁業者の仕事場だった。今回、番組側の対応を「告発」したのは、この仕事場で働く21歳の男性漁師だ。男性は10月9日のツイートで、

引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
「鉄腕ダッシュの裏側です。調理場として会社の台所を貸して次の日の朝見たらこの状態でした」と指摘。あわせて、台所のシンクに大量の卵のカラやマヨネーズの容器が放置されている写真や、大量の生ゴミが詰まったビニール袋が、口の開いたまま置かれている様子をおさめた写真も公開した。

引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
さらに男性は、番組スタッフが制作したとみられる資料の写真もアップ。「海岸DASH料理工程表」と題された資料で、オオカミウオの刺身やフィッシュアンドチップスに必要な食材がまとめられている。この2種類のメニューは、実際の放送で作られた料理と全く同じだった。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
この男性はツイートの中で、「オオカミウオは釣れてもお片付けは出来ないようです」と番組を批判。投稿は大きく拡散し、大きな波紋を呼んだ。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

一方で他のユーザーからは、写真が「自作自演」なのではと疑う声も出た。しかしこれに対して男性は、「わざわざこんなツイートをするためだけに卵の殻とマヨネーズと生ゴミを会社に持ち込むようなことはしません」とも反論していた。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
まず、「鉄腕DASH」のロケが男性の仕事場で行われたのは8月中旬のこと。男性がロケ翌日に仕事場を訪れたところ、台所が汚れていることに気付いた。荒れた台所は、他の同僚が出社する前にこの男性が一人で後片づけをしたという。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
男性によれば、ロケ翌日の台所のシンクには大量の玉ねぎのみじん切りがあった。また、番組側が持ち込んだカセットコンロや包丁、ラップなどの調理道具も持ち帰られておらず、台所の上に置かれたままだった。さらには、生卵が入ったパックも床に放置されていたという。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
男性は取材に対し、現場の様子について「おそらく全く片付けはしてないです」と説明。台所のシンクについては、「水で流した様子もなかった」とどこか呆れたように振り返っていた。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
なお、J-CASTニュースが番組に出演した地元料理人に取材したところ、オオカミウオの調理にあたって、投稿者の男性が働いている仕事場の台所を使ったことは「事実」だと認めた。フィッシュアンドチップスのソース作りなど調理の下準備を、その台所で行ったという。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
いったい、こうした「告発」について、番組制作側はどう説明するのか。J-CASTニュースは10日午後、今回の件について日本テレビに複数回取材を申し入れたが、いずれも「担当者不在」とのことで回答は得られなかった。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者