2017年04月27日更新
I’ll be there Everything

原因は何?嵐「I’ll be there」40万枚届かず心配の声も…Everything以来8年ぶり

4月19日に発売された嵐の最新シングル「I’ll be there」が、5月1日付オリコン週間CDシングルランキングで第1位を獲得したことがわかったのですが…

7915
0
4月19日に発売された嵐の最新シングル「I’ll be there」が、5月1日付オリコン週間CDシングルランキングで第1位を獲得したことがわかった。
引用元:jmania.jp(引用元へはこちらから)
店頭入荷日の4月18日に22.5万枚を売り上げ、週間では39.3万枚を記録している。2位以下に10倍の差をつける圧倒的な売り上げ枚数で、不動の人気を証明してみせた。
引用元:jmania.jp(引用元へはこちらから)
しかし、嵐ファンからはこの結果に不安の声も聞こえる。
引用元:jmania.jp(引用元へはこちらから)
「I’ll be there」は相葉雅紀主演のドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の主題歌に使用されているため、じわじわと売り上げを伸ばしていくかと思われたが、結果は40万枚に届かず。
引用元:jmania.jp(引用元へはこちらから)
嵐のシングルが初週売り上げで40万枚を割ったのは、09年に発売された「Everything」の34.2万枚以来、約8年ぶりとなる。
引用元:jmania.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者