山田涼介が国際映画祭で罵声を浴びせられる…可哀想…その理由はジャニーズの古い体質にあった…

第30回東京国際映画祭のオープニングイベントに出演したHey! Say! JUMP山田涼介の襲いかかった災難…

13564
0
「Hey! Say! JUMPの山田涼介(24)が今月25日、第30回東京国際映画祭のオープニングイベントに出演したのですが、ジャニーズの古い体質が原因で赤っ恥をかかされたと『週刊女性』(主婦と生活社)が報じて、ファンの間で動揺が走っています」(週刊誌記者)
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
東京国際映画祭といえば、国内外から有名スターや外国人記者を集めて行われる、いまやアジア最大の映画祭。山田は主演した『鋼の錬金術師』が栄えあるオープニング作品として上映され、レッドカーペットを歩いたのだが、取材方法をめぐって外国人記者たちと一悶着起きてしまったのだ。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
「ジャニーズがここでも例の”肖像権”を主張し、気を使った配給会社が海外プレスに「山田の写真・動画をWEBに掲載することを禁止します」というお達しを出したんです。海外の取材陣たちとしてはまさに『Why?』だったようです。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
しかもスタッフが日本の雑誌がWEBでやってる『ジャニーズタレントの写真』だけ墨塗りして掲載する方法を細かく説明したものだから、一部の海外プレスが『日本の芸能界のリーディングカンパニーは時代遅れの暴君だ』と憤慨したというんです」(週刊誌記者)
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
たしかに「取材に来てくれ」と言われてはるばる日本の六本木くんだりまで来たのに「写真は載せるな」では、外国人記者が怒るのも無理ない。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
「山田が共演の本田翼(25)、監督の曽利文彦(53)らとレッドカーペットを歩いた時、ファンたちに写真を撮られることを嫌って、テレビカメラのそばから離れなかったんです。映画祭の主旨の一つにはファンと写真を撮ったり、サインをしたり、広くファンと交流することも含まれている。しかも国際映画祭を謳っているから、海外のプレスや配給会社には特にサービスしてアピールするのが常識です。憤慨した外国人記者の一人は、山田に『じゃあ、何のためにキミはここに来たんだ? 映画祭に来る必要はないんじゃないか?』とまくしたてていました」(同記者)
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者