【62分後の衝撃】 NEWS加藤シゲアキ原作!邦画『ピンクとグレー』に絶賛の嵐!

2012年より小説家としても活躍するNEWSの加藤シゲアキくん。彼の処女作である,『ピンクとグレー』が映画として公開され,その魅力的なストーリー展開には,絶賛の嵐!今回はそんな『ピンクとグレー』についてご紹介します!

2072
0

【桃灰】 NEWS加藤シゲアキ原作!邦画『ピンクとグレー』に絶賛の嵐!

2012年より小説家としても活躍するNEWSの加藤シゲアキくん。

彼の処女作である,
『ピンクとグレー』が映画として公開され,

その魅力的なストーリー展開は,
ネット上で絶賛の嵐!

今回は,
そんな『ピンクとグレー』についてご紹介します!

小説『ピンクとグレー』

『ピンクとグレー』は加藤シゲアキによる日本の小説。
2012年に書き下ろしで刊行された(400字詰め原稿用紙357枚)。

加藤シゲアキの小説デビュー作であり、ジャニーズ事務所所属のタレントが小説を出版するのも初めてのこと。2012年1月28日に角川書店から単行本として発売され、同日にブックウォーカーの配信サイト「BOOK☆WALKER」で電子書籍の限定販売も開始された。
単行本は2012年2月6日付のオリコン“本”ランキングBOOK(総合)部門で週間2.8万部を売り上げ初登場4位。2012年12月時点で12万部の売り上げを記録した。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

あらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出展:Youtube

映画『ピンクとグレー』予告編

映画『ピンクとグレー』予告編.

大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。
第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。
蓮吾に何が起きたのか?
動揺する大貴は、数通の遺書を手にする。
遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。
初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝かしい青春の思い出と、蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。 なぜ、蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか?
蓮吾の影を追い続ける大貴がたどり着いた"蓮吾の死の真実"とは―。
引用元:pinktogray.com(引用元へはこちらから)

登場人物

登場人物の配役に,
物語の展開やネタバレが仕込まれている作品です。

なので,
一部の配役は伏せられたままアナウンスされています。

画像を拡大

マンガ版の相関図

出典:rr.img.naver.jp

白木 蓮吾(しらき れんご)役/ 中島 裕翔 

主演は
Hey!Say!JUMPの中島くん!

彼の代表作になりました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者