2016年06月28日更新
怪盗山猫 亀梨和也 KAT-TUN

KAT-TUN亀梨主演「怪盗 山猫」視聴率14.3%の好調スタート★第一話のあらすじを復習

亀梨くん主演「怪盗 山猫」初回あらすじの紹介です。ネットで「おもしろかった」の声多数。初回視聴率14.3%と好調なすべりだし。来週からの展開が今から楽しみ。みんなで「怪盗 山猫」を応援しましょう。

2174
0

亀梨和也主演「怪盗 山猫」

出典:trend-japon.com
天才怪盗・山猫役を演じる亀梨くん
初回のあらすじを振り返るとともに『亀梨くんカッコいい』の声を集めました。
みんなで『怪盗 山猫』を応援しましょう!

※ネタバレ注意※『怪盗 山猫』第一話あらすじ

ざっくりと言うと、、、

1) 山猫(亀梨和也)は、仲間とともに悪どい連中からカネを盗み、罪を明るみに出す「現代の義賊」と言われていた。手際の良い仕事で軽やかに盗みを働くが、魔王という天才ハッカーに邪魔されていた。

2) ライターの勝村(成宮寛貴)は、魔王や山猫の正体を追う連載を行っていた。そんな勝村に山猫は接近し、魔王の正体が女子高生・高杉真央(広瀬すず)だと判明する。真央は、父親の不倫を苦に自殺未遂を図ったという母親の入院費のため、ハッキングを行い、顧客名簿などを父親に渡していた。

3) 山猫は、真央自身の協力を得て、真央の父親の仕事に侵入。カネを盗み出す。真央は、会社の金庫に母親の白骨化した遺体があるのを発見する。父親は、母親を殺害していたのだった。

4) 山猫は、真央と「カネを盗み出すことができたら、1つ言うことを聞いてもらう」と賭けをしており、真央はその約束を果たす。山猫は、真央を仲間として迎え入れるのだった。
引用元:saku-ara.com(引用元へはこちらから)
出典:news.mynavi.jp
第1話のワンシーン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

天才ハッカーに邪魔される山猫

卑劣な手段で金儲けをする企業からカネを盗み出し悪事を世間に暴く怪盗山猫。

ある夜、山猫はビルの屋上からある政治団体のビルの中に潜入します。この政治団体は表向きはいい顔をしているのですが、裏では振り込め詐欺をして金儲けをし資金源にしていたのです。それを山猫を狙っていたのです。

山猫はシステムに侵入し被害にあった名簿を盗み出そうとしていまいたが、天才ハッカーの魔王と呼ばれる人物に邪魔をされて名簿が消去されてしまいます。山猫は仕方なく5000万円を盗みだし世間に振り込め詐欺をしている実態を明るみにするのでした。

引用元:www.kazu-log.com(引用元へはこちらから)

勝村に山猫が接近・魔王の正体判明

山猫は後日、勝村を霧島さくら刑事の名前を利用して呼び出します。山猫は以前に勝村が山猫について連載をしていた記事で「武士道」の一筋を引用したことを気に入っていたのです。

そして、勝村を山猫のアジトに招待します。

そして本題を切り出します。以前に勝村は魔王についての特集記事も掲載していたことから山猫は正体が誰なのか知っていると踏んでいたのです。
引用元:www.kazu-log.com(引用元へはこちらから)
勝村は山猫に魔王の正体を話します。魔王は女子高生の高杉真央(広瀬すずさん)。

真央だから魔王...。

真央の父親は個人情報を取り扱っている会社の社長です。そんなある日、父親が不倫をしていたことを公表したことで母親が精神的に不安定になってしまい自殺未遂をしてしまいます。その責任を感じた真央は医療費を稼ぐためにハッカーをして個人情報を盗みだし父親に提供をしていたのです。
引用元:www.kazu-log.com(引用元へはこちらから)

いろいろあって真央と勝村は仲間に

出典:bathkame.blog.jp
山猫のアジト
勝村は「山猫のすべてを暴露する!」と豪語していましたが、弱みを握られてしまったことからここのなぜか仲間に。

翌日、真央は山猫のアジトにやっています。「何かいうこと一つ聞くって約束、何をすればいいの?」と。そしてオルゴールを差し出し「お母さんの字、こんなに汚くないんだけど」と。

山猫は焦って言い訳を言いますが真央は「嬉しかった。ありがとう」と一言。

真央はその場を立ち去ろうとしたその時、山猫は「はい!注目!晴れて仲間となった魔王こと高杉真央!はい、拍手!これで俺とお前は共犯者だ、覚悟しておけ!」と仲間として迎え入れたのでした。
引用元:www.kazu-log.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

放送を見たファンから亀梨くんカッコいいの声多数★

スポンサーリンク

スポンサーリンク

もちろん『ストーリーがおもしろい』の声も

先取りしたい方は原作を是非☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者