2016年06月28日更新
二宮和也 母と暮らせば

【嵐】二宮君が快挙!「母と暮らせば」で第89回キネマ旬報主演男優賞に

二宮和也君が「母と暮らせば」で2015年度キネマ旬報ベストテン主演男優賞の受賞が決まりました。ジャニーズ初の受賞とあり各メディアから賞賛の声があがっています。映画のあらすじとともに二宮君の俳優としての名演技を振り返ってみましょう。

2885
0

「映画俳優」として頭角を示す二宮和也(ニノ)

出典:prcm.jp
二宮 和也

生年月日 1983年6月17日
出生地 東京都葛飾区
血液型 A型
ジャニーズ活動の他、映画俳優としても注目される嵐の二宮和也くん。

出演映画「母と暮せば」の演技が認められて第89回キネマ旬報主演男優賞に決まりました。
キネマ旬報主演男優賞ってどんな賞なのか?ファンの反応は?気になるところのまとめです。

出演映画はこんなにたくさん!

ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY(2002年10月) - 恩田琢磨(タクマ) 役
青の炎(2003年3月) - 櫛森秀一 役
ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY(2004年3月) - 恩田琢磨(タクマ) 役
硫黄島からの手紙(2006年) - 西郷昇 役
黄色い涙(2007年) - 村岡栄介 役
ヘブンズ・ドア(2009年) - ホスト 役(友情出演)
大奥(2010年) - 水野祐之進 役
GANTZ(2011年) - 玄野計 役
GANTZ PERFECT ANSWER(2011年) - 玄野計 役
プラチナデータ(2013年) - 神楽龍平 / リュウ 役
ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY(2014年8月公開) - 恩田琢磨(タクマ) 役
暗殺教室(2015年3月21日) - 殺せんせー(声) 役
母と暮せば(2015年12月12日) - 福原浩二 役[30] 【W主演:吉永小百合】
暗殺教室 卒業編(2016年公開予定) - 殺せんせー(声) / 死神 役
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
共演者から、演技力を評価する声も多々聞かれています。

そしてこのたび、、、

「母と暮らせば」で第89回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞 受賞!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:www.tv-asahi.co.jp
「母と暮らせば」
小説家・劇作家の井上ひさしが、広島を舞台にした自身の戯曲「父と暮せば」と対になる作品として実現を願いながらもかなわなかった物語を、日本映画界を代表する名匠・山田洋次監督が映画化。主人公の福原伸子役を「おとうと」「母べえ」でも山田監督とタッグを組んだ吉永小百合が演じ、その息子・浩二役で二宮和也が山田組に初参加。
引用元:eiga.com(引用元へはこちらから)
出典:tezuka-jcp.com
吉永小百合(70)と親子役。
出典:prcm.jp
山田洋次監督です。
出典:prcm.jp
本当の親子みたいと話題に。

大まかなあらすじ

1945年8月9日、長崎に原子爆弾が投下された。それからちょうど3年後。助産師として働く伸子(吉永小百合)のもとに、原爆により死んだはずの息子・浩二(二宮和也)がひょっこりと現れる。それからというもの浩二は度々姿を現し、伸子と思い出話や浩二の恋人・町子(黒木華)についてなどいろんな話をしていくが……。
引用元:www.kinenote.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キネマ旬報って?

『キネマ旬報』は、1919(大正8)年に創刊され、現在まで続いている映画雑誌として、日本では最も古い歴史を誇ります。
引用元:www.kinejun.com(引用元へはこちらから)

キネマ旬報ベスト・テンとは

キネマ旬報賞の始まりは、当時の編集同人の投票集計により、まず1924年度(大正13年)のベスト・テンを選定したのが、その最初。当初は<芸術的に最も優れた映画><娯楽的に最も優れた映画>の2部門(外国映画のみ)でしたが、1926(大正15)年、日本映画の水準が上がったのを機に、現行と同様の<日本映画><外国映画>の2部門に分けたベスト・テンに変わりました。戦争による中断があったものの、大正時代から継続的にベスト・テンは選出され続けており、2015年度のベスト・テンで89回目を数えます。
引用元:www.kinejun.com(引用元へはこちらから)
出典:www.kinejun.com
非常に長い歴史を持つ有名なセレモニーです。

ファンから『二宮君おめでとう』の声が続々と

スポンサーリンク

スポンサーリンク

表彰式に行けば二宮君に会えるかも!?

【2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン 第1位映画鑑賞会と表彰式】

2016年2月13日(土)11時から東京 文京シビックホール・大ホールの予定です。

普通に行ってももちろん入れないのですが、KINENOTEがご招待キャンペーンをやっています。

KINENOTE表彰式ご招待キャンペーン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者