2019年02月21日更新
キンプリ KingPrince ジャニーズ

ジャニーズ事務所も働き方改革か!? キンプリ岩橋玄樹の活動再開で過酷労働に心配の声多数

昨年11月初旬からパニック障害の治療のため活動を休止していたKing & Prince(以下、キンプリ)の岩橋玄樹が、一部の活動を再開すると発表した。

2163
0
昨年11月初旬からパニック障害の治療のため活動を休止していたKing & Prince(以下、キンプリ)の岩橋玄樹が、一部の活動を再開すると発表した。

ジャニーズ事務所は今月17日、キンプリの公式ホームページ上で3月20日発売のシングル曲「君を待っている」から岩橋が一部の活動を再開させると発表。本人は以下のようにコメントしファンと関係者、メンバーへ感謝の気持ちを述べている。

<まずは、今回、活動を再開できたのは、待っていてくださるファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しています>
<今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱいです>

確かにキンプリは、岩橋不在であってもステージでそのポジションを空け、常に彼の存在をファンに意識させていた。大晦日の『第69回NHK紅白歌合戦』でも同様で、平野は岩橋の立ち位置は空けられ、メンバーカラーである濃いピンク色のライトが照らされていた。紅白出演後のメンバーに、岩橋は「一緒に出させてくれてありがとう」と連絡をしたという。
引用元:wezz-y.com(引用元へはこちらから)

岩橋玄樹の復帰は、“嵐の後継者”への第1歩?

晴れて6人揃っての活動を再開させることとなったキンプリだが、キンプリは昨年のデビュー当時からジャニーズ事務所の大きな期待を背負うグループ。“嵐の後継者”として国民的アイドルグループに育つことが彼らの使命だと見られている。

今月6日に「日刊ゲンダイDIGITAL」は、ジャニーズ事務所はキンプリの育成をジャニーズと関係の深い日本テレビに託し、すでに今年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーはキンプリに決まっていると報じた。

また、現在、嵐の冠番組は『VS嵐』(フジテレビ系)と『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の2番組あるが、2020年以降のその枠の1つはキンプリが引き継ぐと複数のメディアが報じている。ジャニーズ事務所が日本テレビにキンプリを託しているという話が本当であれば、『嵐にしやがれ』の枠が有力となるだろう。その他、中居正広の冠番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)も3月いっぱいで打ち切りになると言われており、その枠もキンプリが引き継ぐ可能性があると注目されている。

現在のジャニーズ事務所の稼ぎ頭は、ファンクラブ会員数の多さから見ても、タレント価値の面でも、もっぱら嵐。嵐ほどの人気や知名度を獲得した後輩グループはまだいない。先輩グループの面々はタレント・役者として活躍しているが、グループとしての集客力はやはり嵐がダントツだ。

そこでジャニーズ事務所は嵐の活動休止までの残された2年間で、キンプリを国民的アイドルに育て上げるべく、今年からキンプリの猛プッシュを本格的に開始するつもりのようだ。昨年はまず“顔見せの一年”であり、今年は勝負をかける一年となるだろう。
引用元:wezz-y.com(引用元へはこちらから)

岩橋玄樹の早すぎる復帰にファンからは心配の声も

キンプリのファンにとって岩橋玄樹の復帰は嬉しい知らせだが、一方で3カ月という短い休養期間で活動を再開することについて、ファンからは「事務所の都合で復帰とかではないよね?」「キンプリのこと働かせすぎだから心配」「せっかく落ち着いてきたのに悪化しないかな」など、心配の声も聞こえる。

確かに、上記のような“事務所の都合”が優先されたとすれば、憂慮すべき事態だ。しかしジャニーズ事務所もSMAPの解散によって想像以上に世間の反発が大きかったことから、タレントに対する強権的な姿勢を軟化させている可能性もある。嵐の大野智も活動休止会見で、最初は退所を決意していたが事務所側から休むことを提案されたと述べていた。また、ジャニーズ事務所内では派閥問題によって王道ではなく異端とされていたSMAPとは異なり、キンプリは大切に育てたい王道のアイドルだろう。

前出の「日刊ゲンダイ」では、スケジュール専門のマネージャーを新たに雇い、キンプリから“リフレッシュ休暇”を導入するとも伝えていた。デビューイヤーのキンプリは睡眠時間も削られる多忙ぶりで、平野紫耀にいたってはグループに密着した番組『RIDE ON TIME』(フジテレビ系)の中で、雑誌のインタビュー中に寝てしまう姿も映っていた。こうした状況を鑑みて、ジャニーズ事務所も“働き方改革”に乗り出したとすれば朗報だ。

岩橋玄樹本人も活動報告コメントの中で「すべてを元通りのペースに戻すにはもう少し時間がかかる」「完全に活動を再開するまでお待ちいただけると幸いです」と述べており、完全復帰ではない。無理のないペースで“6人のキンプリ”を再開して欲しい。
引用元:wezz-y.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

何をお探しですか?

まとめ作者