2020年07月09日更新
長瀬智也 薬丸裕英 TOKIO

長瀬智也の退所説に薬丸裕英が匂わせ「TOKIOの名前は最後まで残してほしい」意味深発言にファン悲鳴

やはり長瀬智也の脱退は既定路線のようだ。7月8日放送のトークバラエティ『TOKIOカケル』(フジテレビ)では、MC業も盛んな薬丸裕英がゲスト出演し、ジャニー喜多川とのエピソードやアイドル時代の思い出を語った。

1583
0
やはり長瀬智也の脱退は既定路線のようだ。

7月8日放送のトークバラエティ『TOKIOカケル』(フジテレビ)では、MC業も盛んな薬丸裕英がゲスト出演し、ジャニー喜多川とのエピソードやアイドル時代の思い出を語った。

薬丸は言わずと知れた元ジャニーズで、シブがき隊のメンバーとして人気を誇っていた。6年間のグループ活動をへて解散と共に事務所を退社したが、その後も薬丸とジャニーズの面々との交流は続いたといい、事務所が主催する食事会にも出席するなどしていたという。芸能記者の話。

「ここのところジャニーズはタレントの退社が続いていますが、シブがき隊は“元祖・円満退社”を成し遂げたグループ。最近だと元SMAPの3人や手越祐也がそうでしたが、ジャニーズを辞めるタレントは遺恨が残ってしまうパターンが多い。しかし、シブがき隊は解散と同時に揉めることもなく事務所を離れることができ、その後のソロ活動もそれぞれ軌道に乗せることができた珍しいケースだったんです。特に薬丸は口がうまいから、ジャニーズの幹部やタレントとも密に連絡を取って関係性を途切れさせなかった。その結果、今もジャニーズとは深いかかわりを持っていると言われています」

番組内ではそんな薬丸に対し、国分太一が「TOKIOのことをどう思うか?」と質問する場面があった。すると薬丸は言葉を選びながら「最終的にジャニーズ事務所を引っ張っていくのって俺はTOKIOだと思う」と持論を展開。さらに続けて「いろんな形で、TOKIOが変わるかもしれない。変わっても少年隊みたく『TOKIO』っていうグループは残して」「最後まで名前は残してほしいな」と述べた。

この意味深な語りに「薬丸さんのことだから、ジャニーズの内部事情を知っての発言なんでしょう」と言うのは中堅芸能事務所のスタッフだ。

「薬丸さんはTOKIOがもう現在の形では存続できないかもしれないことをわかっていて、あえてこういう話をしたんでしょうね。それこそ、親交のある国分さんから何か相談を受けている可能性も高い。ずっと噂されている長瀬智也の脱退と退所も、どうやら既定路線のようですし。ただ、先に事務所を退所した中居正広と同じく『円満退社』という形をとって、今後もTOKIOのメンバーや後輩たちとは共演できるよう計らうんじゃないでしょうか。SMAP同様TOKIOも事務所の大功労者ですから、脱退したら縁を切るってことはないでしょう」

果たして薬丸の匂わせは、何を示唆しているのか? くすぶり続けている長瀬智也の進退について、なんらかの結論が出る日もそう遠くないのかもしれない。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者