2020年09月19日更新
WheneverYouCall ブルーノマーズ

嵐がMステで米歌手ブルーノマーズの楽曲披露もこれじゃない感漂う「誰得?」「宝の持ち腐れ」

ジャニーズの嵐が18日、テレビ朝日系「ミュージックステーション」で、米人気歌手ブルーノ・マーズが楽曲提供とプロデュースをしたデジタルシングル「Whenever You Call」をテレビ初披露した。

3430
0

嵐がMステで米歌手ブルーノマーズの楽曲披露もこれじゃない感漂う

ジャニーズの嵐が18日、テレビ朝日系「ミュージックステーション」で、米人気歌手ブルーノ・マーズが楽曲提供とプロデュースをしたデジタルシングル「Whenever You Call」をテレビ初披露した。

この日配信リリースされた同曲は全編英語詞のミディアムバラード。ブルーノが嵐の楽曲を聴き、嵐のライブを見て、嵐のために書き下ろした本楽曲には、グループを休止する嵐5人の気持ちなどが込められているという。

ブルーノはハワイ出身のスター歌手。2018年の米グラミー賞では最優秀レコード賞など主要部門賞を総なめにした世界的アーティストだ。

今回、この楽曲をMステでテレビ初披露。松本潤は「僕らとファンをつなぐ曲になると思う」と語った。

だが、ファンの反応はさまざま。「心に染みわたる」「すばらしい楽曲だ」と絶賛する声が上がる一方で、〝これじゃない感〟もアリアリだ。

嵐は昨年12月から「reborn」シリーズとして過去の名曲に英語歌詞を加えたシングルをリリースしてきた。ファンからは「英語の曲が増えて嵐じゃない感じがする」「最後なんだから、心に直接伝わる日本語で歌って欲しかった」と残念がる声もあった。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者