2021年01月23日更新
山下智久 亀梨和也 KATTUN #亀と山P

山下智久がKAT-TUN・亀梨和也の連絡をスルー!? インスタグラム匂わせ投稿に業界内からあきれ声

1月19日、山下智久がインスタグラムに投稿した“匂わせ”コメントに、関係各所が怒りをあらわにしているという。

6537
0
1月19日、山下智久がインスタグラムに投稿した“匂わせ”コメントに、関係各所が怒りをあらわにしているという。

ヘッドフォンを装着した山下の写真には、「まだ何の仕事か言えないのですが、スタジオに入っていました」という文面が添えられていることから、ネット上では「レコーディングかな?」「音楽活動再開?」とファンから期待の声が続出。しかし、山下といえば、昨年ジャニーズ事務所を退所したことで、KAT-TUN・亀梨和也とのユニット「亀と山P」のアルバム『SI』のリリースが頓挫したことも記憶に新しい。

また、亀梨主演の連続ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)もスタート直前というタイミングなだけに、日テレ関係者は「あてつけのつもりか」と苦言を漏らしている。

山下は昨年10月末、「現在オファーがある海外作品に参加するため」として、ジャニーズ事務所を退所したことを事後報告。同年夏に報じられた未成年女性との飲酒&淫行疑惑により、活動自粛処分を受けていた最中の出来事だっただけに、世間に大きな衝撃を与えた。

「淫行疑惑については特に説明もないまま、まるで逃げるようにジャニーズから去った山下には、『自粛の意味、わかってる?』と、業界内でも皮肉が飛び交っていました。出演をオファーされたのは、今年公開予定のハリウッド映画『The Man From Toronto』という作品ですが、山下は完全に“チョイ役”出演だったこともあり、『海外進出』は単にジャニーズを辞めるための言い訳に過ぎなかったことも、関係者の怒りを助長させた理由のひとつとなっています」(レコード会社関係者)

なお、山下が早期退所に舵を切ったのは、俳優業ではなく、むしろ音楽活動に「勝機を見いだしたから」という説もある。

「今年発表されるといわれているのは、大物音楽プロデューサーが手がける、大物女性アーティストとのコラボ作品です。コロナ禍が収まれば、楽曲リリースだけでなくコンサートも行われるとか。すでに『会場の仮予約が入っている』という話も聞きました」(同)

こうして、もともと山下と“コラボ予定”だった亀梨は、完全にはしごを外されてしまった。

「山下退所のうわさは以前からささやかれており、本来であれば、コロナ禍で発売延期となっていた亀と山Pのアルバム『SI』が、ジャニーズでの“最後の仕事”になるはずでした。しかし、山下は亀梨になんの連絡もしないままジャニーズを辞めると決断し、その後、亀梨からの連絡すらスルーし続けているそうです。それだけでも、亀梨の気持ちは推して知るべしですが、ダメ押しの“匂わせ”投稿には、各所ともあきれ返っていますよ」(日テレ関係者)

ジャニーズ在籍時代も、事務所幹部による派閥内で移動を繰り返した山下だったが、ついにはパートナーだった亀梨との関係にも大きな亀裂が入ってしまったようだ。現在コラボを控えている関係者たちも、山下の“鞍替え体質”には注意すべきかもしれない。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者