ジャニーズWEST・小瀧望の切なすぎ発言に「自虐はやめて」「エグイ」とファン悲鳴

ジャニーズWESTの冠番組『パパジャニWEST』(TBS系)。11月30日の放送回では、子どもにサプライズを仕掛ける恒例企画「あの顔が見たい!クレイジーハッピー大作戦」が行われ、今回はお風呂が好きな男の子のために、メンバーが露天風呂作りに挑戦する“前編”が放送された。

4128
0
 ジャニーズWESTの冠番組『パパジャニWEST』(TBS系)。11月30日の放送回では、子どもにサプライズを仕掛ける恒例企画「あの顔が見たい!クレイジーハッピー大作戦」が行われ、今回はお風呂が好きな男の子のために、メンバーが露天風呂作りに挑戦する“前編”が放送された。

 メンバーによる会議の結果、“お風呂作り”は桐山照史、神山智洋、濵田崇裕、“湯汲み”は中間淳太、小瀧望、“演出”は藤井流星、重岡大毅が行うことに。湯汲み班の中間と小瀧は、早朝3時に迎えが来て、そのまま静岡県・東伊豆町へ移動した。

 WEST屈指の頭脳派で知られる中間が、この日のために入念なリサーチを行った結果、普段は入れない秘湯を、伊豆から200キロ離れた男の子が住む千葉まで運ぶことに決定。中間が参考にした本によると、伊豆には温泉地からあふれ出た源泉が海岸に流れ出ている場所があるそうで、そこから調達する計画だという。

 その後、苦労しながらも源泉を見つけた2人だが、スタッフの発案で、まずは自分たちがこの温泉に入ってみることに。お湯の温度は63度と高温だが、中間は「海水と混ざると、ちょうどいい」と主張。地道に周囲の岩をどかし、即席の露天風呂を作っていた。

 しかし、波が思うように温泉の中に入らず、みずぎ姿で半裸のまま、海水と温泉が混ざるのをじっと待っていた小瀧。すると、海を見つめながら「俺らみたいなやな」「いいところまでいってんねんけどな」とポツリ……。結局、30分ほど待っている間に波が来て、海水と温泉がうまく混ざり、2人は「熱い」と「気持ちいい」という感想を繰り返しながら、露天風呂を堪能した。

 また、温泉を持ち帰るために手動の石油ポンプを使ってタンクに源泉を詰めていると、半分ほど溜まったところで、通りがかった地元の人から「源泉の温泉って、持って帰っちゃダメ」と注意されることに。実際、全国で源泉の持ち帰りは基本的に禁止とされており、あわや無許可で持ち帰るところだった中間は「こんなことある!? 最悪!」と嘆きながら、源泉を戻すのだった。

 結局、役所に電話して、温泉を購入できる場所を確認した2人。トラブル続きの展開に、ネット上では「許可取りすらメンバー任せなの、エグイ」「数時間も無駄にするのきついわ」「スタッフは事前に調べてあげて~」といった指摘のほか、小瀧の「いいところまでいってんねんけどな」発言に、「切なすぎるよ!」「自虐はもうやめて!」など、悲鳴のような声が集まっていた。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者