2020年07月13日更新
活動休止 ジャニーズ

【嵐】活動休止前にネガティブ報道続出のワケ…ジャニーズから「待った」の声が消える

以前は週刊誌が嵐の記事を出そうとすると、ジャニーズサイドからストップがかかっていました。ほとんどの週刊誌はそれにひるんでいたため、嵐の裏ネタを出せるのは『週刊文春』くらいだったのですが、活動休止を発表して以降、嵐に関する記事には待ったすらかからなくなり書き放題となっています。

5721
0
ジャニーズ事務所は7月10日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2月27日から開催中止・延期となっていた事務所主催公演を「再開する」と発表した。前日9日には「女性セブン」(小学館)が、5月に開催が予定され、延期となっていた嵐のコンサート「アラフェス2020」が10月に開催される方向であると報じていただけに、ファンにとっては喜ばしい状況だろう。そんな中、マスコミ関係者の間では「事務所による嵐の扱い」に注目が集まっているという。

「年内でのグループ活動休止が発表されている嵐にとって、今年は当然、休止前の“ラストイヤー”ですが、彼らがNHKで放送される特別番組のスペシャルナビゲーターを務める予定だった東京オリンピック・パラリンピックもコロナ禍で延期になるなど、活躍の場が激減。もともと5月に新国立競技場で行われるはずだった『アラフェス』も、どうなることかと思われていた中、『セブン』は、同会場で10月開催に向けて調整中であると伝えました」(スポーツ紙記者)

そして同誌発売の翌日、ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny’s net」上で、「感染予防対策を講じた上で公演を再開することといたしました」と報告。『アラフェス』についても、ファンは正式なスケジュール発表を心待ちにしていることだろう。

「一方、活動休止を控えた嵐には、ネガティブな報道が続出中。先日、日本テレビの恒例チャリティー番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』のパーソナリティーとして、V6・井ノ原快彦やNEWS・増田貴久などジャニーズタレント5名の起用が発表されましたが、この直前には、嵐の起用を予想する報道のほか、『リーダーの大野智がパーソナリティーを務めることに難色を示し、櫻井翔や相葉雅紀、二宮和也と対立している』といった情報も出ていました」(同)

また、7月2日発売の「セブン」は、大野が活動休止後に宮古島へ移住するとスクープ。これまでにも、複数のメディアが“移住地情報”を伝えてきたが、今後もこうした報道は続くとみられている。

「というのも、以前は週刊誌が嵐の記事を出そうとすると、ジャニーズサイドからストップがかかっていました。ほとんどの週刊誌はそれにひるんでいたため、嵐の“裏ネタ”を出せるのは『週刊文春』(文藝春秋)くらいだったのですが、活動休止を発表して以降、嵐に関する記事には『待った』すらかからなくなり、いまやどの週刊誌も“書き放題”となっています」(週刊誌記者)

こういった例は、6月にジャニーズを退所した元NEWS・手越祐也にも見られたという。

「手越もジャニーズを離れることが決まった途端、週刊誌側はスクープ記事が書きやすくなったようです。退所後に記者会見を開いた手越は、『あまりにも事実と違う情報が多すぎた』と怒っていましたが、それもジャニーズが週刊誌の内容を“スルー”したことが原因と言えるでしょう。ですが、嵐に関しては休止まであと半年近くありますし、コンサート以外にも何かしら活動はあるはずなのに、ジャニーズ内での扱いがぞんざいになるには早すぎる気もします」(同)

コンサートこそ開催のめどが立ったとみられる嵐だが、活動休止までの残り数カ月、このノーガードのままでどれだけ週刊誌の猛ラッシュをかわせるだろうか。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者