2018年06月08日更新
山下智久 山P ジャニーズ

山下智久が雑誌『ViVi』インタビューで意外な恋愛観を告白

山下智久が語る恋愛観 雑誌『ViVi』インタビューで山下智久さんが、意外な恋愛観を告白しました。このインタビューを見たファンの感想は?

2251
0

山下智久

出典:geinou-kansatsu.com/yamahita-tomohisa

雑誌『ViVi』インタビューで山下智久さんが、意外な恋愛観を告白した

恋愛に臆病

「恋愛するのとか、なんかもうちょっと怖いんですよね(笑)。むしろ本当に消極的」

その理由は

「普通の30歳だったら、もう少し違っていたのかもしれないけど、自分がこういう仕事だから申し訳なくて、なかなか簡単には進めない」

「“時間を合わせてあげられない”とか“気軽にどこかへ行けない”とか、いろんな不自由とか障害を伴ってしまうから」

だそう、仕事柄、恋人に時間を使いたくても難しい。
そこが悩みの種なのでしょうね

好きなタイプ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

山下さんは雑誌で好きなタイプについて

「好きなタイプ? は、やさしい人です。温厚で、あまり怒らない人が好き(笑)。すぐイライラしちゃうような人は苦手」

さらに

「あと、思うのは“おばさんになってもカッコいい人”と結婚したい」

あまり怒らなくて、おばさんになってもカッコいい女性・・・・

イメージが湧きにくいですが、きっと山下さんの理想はある程度固まっているんでしょうね

付き合うなら結婚前提で

「やっぱり結婚するつもりで付き合いたい」「その人とず~っと一緒にいたいから付き合うものだと思ってて、そう考えると付き合うことすらできなくなってくる」

さらに

「でも恋愛って、自分の力だけでどうにかなるものじゃないし、誰に習えるワケでもない。仕事のように経験と努力を積み重ねればいいってワケでもないし、ホント大きな難関!」

たしかに、30代にもなると、いろいろと先のことを考えすぎてしまって

先に進めなかったり・・・・色々あるんですよね

まとめ

ジャニーズメンバーはいろいろ

制限が強いイメージなので、この話を聞いて

山下さんの意外な一面が見れたような気がします

ネットの声

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者