【King & Prince】いきなり57万枚超!デビューシングル初週売り上げ歴代2位を記録

「King&Prince」のデビューシングル「シンデレラガール」が週間シングルチャートに首位で初登場することが28日、確定。発売初週に57万7000枚を売り上げ、デビューシングルの発売1週目の売り上げで歴代2位となるなど、記録ずくめのデビューとなった。

13660
0

King & Princeの「シンデレラガールが57万枚超!

「King&Prince」のデビューシングル「シンデレラガール」(23日発売)が、6月4日付のオリコン週間シングルチャートに首位で初登場することが28日、確定。発売初週に57万7000枚を売り上げ、デビューシングルの発売1週目の売り上げで歴代2位となるなど、記録ずくめのデビューとなった。


デビューシングルの初週50万枚超えは12年2カ月ぶり。06年に先輩グループ「KAT―TUN」の「Real Face」が75万4000枚を記録して以来の快挙!
また、2010年代にデビューした歌手の初シングルの初週売り上げとしては最高枚数。デビューシングルの初週売り上げでも「Real Face」に次ぐ数字となった。


平野紫耀(21)は「僕たちの目が届かないところにもたくさんのファンの方々がいて、CDを買ってくださっていると思うと感謝しかありません」とコメントを寄せた。表題曲は自身が出演するTBSドラマ「花のち晴れ~花男Next Season~」(火曜後10・00)の主題歌としても注目を集めてきた。「恩返しするためにも早く直接会いに行って、皆さまの顔が見てみたい」と、ファンと喜びを分かち合いたいという思いを表現した。


華々しいデビューを飾った6人。岸優太(22)は「夢はミリオンヒットと東京ドームでのコンサートです。実現できるよう6人で力を合わせて頑張っていきます!」と目標を高く掲げた。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

売り上げの推移

スポンサーリンク

スポンサーリンク

King & Princeの「シンデレラガール」の発売初日の様子

King & Princeのデビューシングル「シンデレラガール」(23日発売)が、5/22付オリコンデイリーシングルランキング1位を獲得した。初日売上は31.8万枚。

同グループは平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹からなる6人組。ジャニーズ事務所とユニバーサル ミュージック グループとの新レーベルJohnnys’ Universeより第一弾アーティストとしてデビューを飾った。

デビュー曲の売り上げ比較

参考までに、嵐以降のデビュー曲の累計販売枚数を一覧にしてみると…

1999年11月3日 97.3万枚 嵐「A・RA・SHI」 
2002年2月26日 10.7万枚 タキ翼「To be,To be,Ten made To be」
2004年5月12日 39.5万枚 NEWS「希望~Yell~」
2004年8月25日 17.5万枚 関ジャニ「浪花いろは節」
2006年3月22日 104.6万枚 KAT-TUN「Real Face」
2007年11月14日 36.0万枚 Hey!Say!JUMP「Ultra Music Power」
2011年8月10日 45.1万枚 Kis-My-Ft2「Everybody Go」
2011年11月16日 17.3万枚 Sexy Zone「Sexy Zone」
2012年2月1日 8.6万枚 A.B.C.-Z「Za ABC~5stars~」
2014年4月23日 26.2万枚 ジャニーズWEST「ええじゃないか」

こんな感じで、初動売り上げだとKAT-TUNの75.4万枚、嵐の55.7万枚、キスマイの31.5万枚がトップ3になります。
キンプリはすでに初日だけでキスマイの初動を上回っているので、ここから嵐にどこまで近づけるか(or追い越せるか)が気になるところ。
いずれにせよ、ここ10年で最大級のヒットであることは間違いありません。


引用元:www.johnnys-watcher.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者