2018年04月22日更新
関ジャニ 渋谷すばる 山P

関ジャニ・渋谷すばるに続く退所者は山P(山下智久)?フライデーがジャニーズ退所者を匂わしていた!

フライデーの錦戸亮ボコボコ事件とすばるくん脱退に絡んで、興味深いことが書いてありました。今週号の「ハリコミデスク」というコーナーの一番最後に、次のような一文が載ってたんです。「とにかく、今回の騒動で明らかになったのは、ジュリー氏の求心力の低下ぶり。次に事務所を飛び出すのは、果たして〇〇か、●●か…」

9802
0

関ジャニ・渋谷に続くのは誰? 今後も続々と退所者が出そうなジャニーズ事務所

衝撃だつた渋谷すばるの退所会見

 今月15日、関ジャニ∞の渋谷すばる(36)が都内でほかのメンバーも同席して会見を行い、年内のグループ脱退とジャニーズ事務所からの退所を発表した。

 今後、渋谷は海外で音楽を勉強したうえでソロ活動を目指すというが、どうやら、以前と比べジャニーズを退所することへの“ハードル”が低くなってしまったようだ。

 「元SMAPの3人をはじめ、元KAT|TUNの赤西仁、田口淳之介はそれぞれ新天地で活動。その受け入れ先となっているのが、元SMAPのチーフマネジャー・飯島三智氏率いる3人のマネジメント会社『カレン』、そして、ジャニーズ事務所に対してまったくしがらみのない外資系レコード会社・ユニバーサルミュージックです。特にジャニーズから心が離れ始めているタレントたちは『どちらかに行けばいい』と思っているのでは」(芸能プロ関係者)
引用元:npn.co.jp(引用元へはこちらから)

次に退所するのは山下智久?

 そして、所属タレントの中で秋以降の動向が注目されているのが、山Pこと山下智久(33)だというのだ。

 「7月に主演映画『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』の公開を控えていますが、ほかには特に仕事が決まっていません。以前、飯島氏がジャニーズにいた時は山下も担当。その際は活動が軌道に乗っていたのですが、飯島氏が退所してからは方向性が定まっておらず、事務所の中でも持て余し気味。そのため、外部から見ると干されているように見えるのです」(レコード会社関係者)

 元SMAPメンバーの中でも飯島派と言われていた中居正広(45)が元メンバー3人と合流するかが注目されているが、先に山Pが合流してしまう可能性もありそうだ。
引用元:npn.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フライデーが渋谷すばるに続くジャニーズ退所者を二人匂わしていた!

そういえば、昨日発売のフライデーには錦戸くんボコボコ事件とすばるくん脱退に絡んで、興味深いことが書いてありました。

今週号の「ハリコミデスク」というコーナーの一番最後に、次のような一文が載ってたんです。
引用元:www.johnnys-watcher.net(引用元へはこちらから)
今週号の「ハリコミデスク」というコーナーの一番最後に、次のような一文が載ってたんです。

「とにかく、今回の騒動で明らかになったのは、ジュリー氏の求心力の低下ぶり。次に事務所を飛び出すのは、果たして〇〇か、●●か…」

これ、「次の退所候補者を把握してるゾ」と匂わせてる?
引用元:www.johnnys-watcher.net(引用元へはこちらから)
普通なら「次に事務所を飛び出すのは誰なのか?」と書けばいいだけなのに、わざわざ二人分の名前を伏せ字で出してるのが怪しいというか。

個人的にはアノ人とアノ人の名前がすぐに思い浮かびましたが、もしかしたらアノ人かも…

来月あたり、またまた驚きのニュースが飛び込んできてもおかしくないかもしれません。

だって、2週間前にすばるくんのジャニーズ退所を知っていた人なんていなかったわけですから…
引用元:www.johnnys-watcher.net(引用元へはこちらから)

ここでも山Pの名前が...

とあるニュースサイトに掲載されていた山Pのインタビュー記事をご紹介しておきます。
引用元:www.johnnys-watcher.net(引用元へはこちらから)
──今後、取り組んでいきたいことは

今は俳優だったり、アイドルだったり、エンターテインメントの世界でいろいろやらせていただいていますが、そこにこだわらなくてもいいかなと考えています。皆さんに感動やメッセージを届けるという意味では、どんな仕事も一緒じゃないかなと。今後はいろいろな角度から、いろいろな方々に届けることができたらいいなと思っています。

──意外な考え

正直、僕は「これが天職だ」とは思えていないんです。たくさんの方に応援していただけるのは、本当にありがたい。だから、続けていきたいという気持ちも当然あります。でも「それしかやらない」「それしかできない」というよりは、いろいろなところに目を向けて、少しずつでも成長していきたい。そうすることで、よりレンジを広げて、皆さんに感動やメッセージを届けていけるのかなと。

──具体的なビジョンは

まだふわっとはしているのですが、例えば僕は英語が好きなので、自分が思う「英会話が楽しくなるフレーズ」を紹介していくとか。それから、アメリカのアニメや映画の翻訳をするとか。英語を通して世界が広がる喜びは、かけがえのないものだと感じてきたので、それをたくさんの皆さんと共有できたらなと。

──すでに考えが練られている

いえ、まだ思いつきの域は出ません(苦笑)。でも、自分が関わらせていただくことによって、その分野にいつもと違う視点や、リーチが生まれるんじゃないかと。そのことによって、より多くの皆さんと感動、喜びを分かち合えるなら、すごく素敵なことだと思うんです。

──表現の場、方法は増えている

はい。これからますますインターネットの世界が進歩して、もっといろいろなことを、もっと自由にできる時代になる。僕も自由な発想で、仕事をしていけたらいいなと思っています。
[LINE NEWS]
引用元:www.johnnys-watcher.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者