2018年05月10日更新
NHK Rの法則 損害賠償

NHKがジャニーズへ宣戦布告!「Rの法則」打ち切りに絡んで損害賠償請求を明言したことで全面戦争勃発?

本日10日、NHKが東京・渋谷の同局で定例会見を行い、山口達也さんが強制わいせつ容疑で書類送検されたことを受け、事件の原因となったEテレ「Rの法則」を打ち切りとしたことに言及。ジャニーズ事務所に対して番組終了に伴う損害倍賞を検討していることを明言!その影響とは

1638
0

本日10日、NHKが東京・渋谷の同局で定例会見を行い、山口達也さんが強制わいせつ容疑で書類送検されたことを受け、事件の原因となったEテレ「Rの法則」を打ち切りとしたことに言及。

「番組のブランドイメージが大きく傷ついた」と断罪した上で、「NHKの番組は受信料で成り立っている。そういったことも含めて今、対応を検討している」と、ジャニーズ事務所に対して番組終了に伴う損害倍賞を検討していることを明言。

画像を拡大

東京・渋谷区神南のNHK

出典:johnnys.jocee.jp

 NHKが10日、東京・渋谷の同局で行われた定例会見を行った。元TOKIOの山口達也(46)が女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検(のちに起訴猶予処分)され、ジャニーズ事務所に契約解除となったことを受け、山口が司会を務めていたEテレ「Rの法則」(月〜木曜後6・55)が打ち切りとなったことに言及した。

 担当者は番組終了の理由について、山口が番組スタート時からの司会を務めていたことを取り上げ、「番組のブランドイメージが大きく傷ついた」と断罪。さらに「番組が未成年の出演者が多く出演されているということで、総合的な判断で終了せざるを得なかった」と説明した。

 「Rの法則」は2011年4月にスタートし、7年間続いた番組が司会者の不祥事で打ち切られる事態となった。同局広報局は7日に、文書で「事件を受け、NHKとして総合的に判断した結果、番組の継続は困難であるとの結論に至り、本日(7日)、制作・放送を終了することを決めました」と説明。関係者によると、制作・放送終了の大きな要因は、この番組が山口と被害者の出会いの場になったことだという。

 事件が発覚した4月25日以降、この番組の放送を休止し、別の番組を放送していた。NHKの番組が4月の番組改編直後に打ち切りになるのは極めて異例。番組では、放送予定だったスピルバーグ監督のインタビューや、Mrs.GREENAPPLE特集もお蔵入り。最近では俳優の小出恵介(34)が17歳の女性と飲酒・淫行騒動を起こし、主演したNHKのドラマ「神様からひと言」(昨年6月10日放送開始予定)が直前に放送中止になった例がある。

 この件ではNHKが小出の所属事務所に損害賠償を請求する事態に至っている。損害賠償について、担当者は「もちろん、NHKの番組は受信料で成り立っている。そういったことも含めて今、対応を検討している」とジャニーズ事務所に対し、番組終了に伴う損害倍賞を検討していることを明言。ただ「動いている番組の損害をどう計算し、どこに向けて請求するのかをまだまだ検討していかないといけない。番組終了を決めたばかりなので、どういったものが損害になるのがこれから精査する段階」だとし、すべてはこれからであることを強調した。

 なお、今後のジャニーズ事務所のタレントの同局の番組への出演は「どういった番組、どういった方に出演していただくかは個々の番組の判断になるので、個別の案件になる。今回の件が直ちに、全事務所の部分と直結するとは考えていない」と、今のところ、変更はないとした。

引用元:www.sponichi.co.jp(引用元へはこちらから)

ジャニーズとNHKの蜜月関係に危機!『少クラ』終了、『紅白』全撤退の可能性も

 NHK Eテレ『Rの法則』で共演していた女子高生に無理やりキスなどをして、強制わいせつの疑いで書類送検され、起訴猶予処分となった元TOKIOの山口達也。ジャニーズ事務所が山口との専属契約を解除したことで、騒動も落ち着くかと思いきや、業界内ではさまざまな問題が残っているようだ。テレビ局関係者はこう話す。

「基本的には山口が単独で出演していた番組はすべて降板となり、TOKIOとして出演していた番組は4人で継続となります。そして、今回の事件の発端となったともいえる『Rの法則』は終了となりましたが、NHKとジャニーズ事務所との関係はかなり難しくなったといえるでしょう。今後、NHKがジャニタレをどう扱っていくのか、両者の関係がどう進んでいくかに注目が集まっています」

 そんな中、5月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、『Rの法則』のスタッフが被害者に対して、山口と連絡先を交換するように促したと報じた。

「もし本当に報道が真実だったら、NHKにも責任があるということになってしまうでしょう。そして、NHKとしてもジャニーズと距離を置かざるを得なくなるはず。蜜月関係も危機を迎えますね」(同)

 NHKとジャニーズの蜜月関係といって真っ先に思い出されるのは、年末の『NHK紅白歌合戦』だ。かつては「同一事務所所属アーティストの出場枠は最大3つ」などと言われていた紅白だが、ジャニーズ事務所に関しては完全に特別扱い。近年は、ジャニーズ事務所から5~6組が紅白に出場している。その特別扱いも、なくなってしまうかもしれないという。

「まず、TOKIOの出場はなくなったとして、さらに連帯責任でジャニーズ枠が大幅に削られる可能性もあると思います。また、2020年までは白組の司会を嵐のメンバーでつないでいく計画があるといいますが、こちらもいったん白紙ということも考えられる。最悪の場合、ジャニーズの紅白全撤退もありうるのではないかとささやく関係者もいるくらいですからね」(同)

 そして、NHKにおけるジャニーズの番組というと、BSプレミアムで放送中の『ザ少年倶楽部』も重要だ。Sexy ZoneやA.B.C-Z、ジャニーズJr.などがレギュラーを務める、ジャニタレしか出演しない音楽番組だ。

「そもそも『ザ少年倶楽部』は、ジャニーズを退社した飯島三智氏の派閥に属するタレントが多く出演していた番組。飯島氏がいなくなってからも、旧飯島派のタレントが出演し続けています。そういう意味では、藤島ジュリー景子副社長にしてみれば、『いつ終わってもいい』という感覚だろうし、なんらかのけじめが必要だというのなら、『少クラ』を犠牲にするという判断もありうるでしょう。紅白全撤退よりはダメージが少ないですからね」(同)

 いずれにしろ、一筋縄では行かなそうな今後のジャニーズとNHKの関係。山口の愚行の余波は、まだまだ続きそうだ。

引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者