2020年09月20日更新
錦織一清 植草克秀 少年隊

【退所ラッシュ】少年隊の錦織一清と植草克秀がジャニーズ退所を発表!ジャニーさん不在の影響がここまで…

長年ジャニーズを支えてきた少年隊の錦織一清と植草克秀が年内いっぱいでジャニーズ事務所を退所することを発表いた。

2366
0
 少年隊の錦織一清(55)と植草克秀(54)が20日、年内いっぱいでジャニーズ事務所を退所することを発表した。東山紀之(53)は同事務所に残り、来年以降もグループは存続する。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
3人はファンクラブサイトでコメントを発表。グループ最年長の錦織は「所属タレントの中で、おそらく一番の甘えん坊だった私が、気が付けば43年間という日々が過ぎて、随分甘えすぎていた事に少し恥ずかしさを覚えると同時に、事務所には本当に頭が下がる思いです」と感謝。退所の理由については「最後のワガママのつもりで、この歳になって本当の意味のひとり暮らしをしたいという希望を伝えたところ、快く承諾していただけた」と説明した。

 植草は「ここに至るまでの約40年間ご指導頂き、公私共に支えて下さったジャニーさん、メリーさんをはじめ、全ての関係者スタッフの皆様のおかげで、今の自分があります」としみじみ。退所については「2021年1月よりピュアな気持ちで、新たなスタートラインに立ち、挑戦して行きたいという思いから卒業を決意致しました」とつづった。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
 東山は、錦織と植草について「親兄弟よりも濃密な35年間を過ごしてきましたし、その中で、誰よりも長い青春時代を2人と過ごせた事を誇りに感じています。年齢を重ねるにつれて、自分自身のやりたい事が明確になったのだと思います」と思いやり、「『少年隊』は当時、パフォーマンスでは誰にも負けないという自信を持って表現してきました。その様に感じ、切磋琢磨させてくれた2人は最高の戦友だと思っています」と感謝。続けて「ニシキ! 植草! これまでの日々を想い、青春時代を振り返りながら、また3人で語り合いましょう」とエールを送った。

 また、ジャニーズ事務所もコメントを発表。錦織と植草が退所後もグループを存続させる異例の措置について「ジャニーが生み育てた少年隊につきましては、その功績と少年隊そのものは残したいというメンバーの意向を尊重」したと説明。「これまで3人が紡いできた少年隊の歴史が色褪せることなく、輝いたものであるために、所属事務所として力を尽くしてまいります」と誓った。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者