2016年10月07日更新
高評価 伊野尾慧 Hey! Say! JUMP

役者として高評価な理由 Hey! Say! JUMP伊野尾慧

「そして、誰もいなくなった」での熱演で、存在感を見せた伊野尾。業界内では「使いやすさと実力を兼ね備えたジャニタレ」としてとても高評価で貴重な存在にこのままなっていくのか。

10245
0

低評価なドラマの中でも、主人公以上に存在感をあらわした

役者としての伊野尾慧について、ドラマ「そして、誰もいなくなった」での熱演で、存在感を見せた伊野尾。業界内では「使いやすさと実力を兼ね備えたジャニタレ」としてとても高評価で貴重な存在になりつつあります。

業界からも高評価

『そして、誰もいなくなった』で伊野尾は、癒しの笑顔で主人公を見守るという役どころであった前半から、終盤はガラッと人柄が豹変しバーテンダー役を熱演

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この豹変ぶりが好評だったようで、ネットでは「主人公食ってるだろ」「藤原とW主演だったとは」といった驚きの声が寄せられた
最近、露出の機会を増やしている伊野尾ですが、ようやく役者としても存在感を見せつけることができたようです。来年には主演映画『ピーチガール』の公開もあるため、その布石ともなったかも

スポンサーリンク

スポンサーリンク

現在さまざまなバラエティ番組でも活躍している伊野尾

所属するHey! Say! JUMPは、メンバー9人の中では長い間“不人気メンバー”として位置づけられていた
今では、多数の番組への露出によって、人気メンバーの山田涼介(23)や中島裕翔(23)といったメンバーに負けないくらいの人気を集めている

スポンサーリンク

スポンサーリンク

露出が急増しただけに、ジャニーズ事務所のゴリ押しと囁かれることも多いが、業界内では「使いやすさと実力を兼ね備えたジャニタレ」として軒並み高評価
バラエティに出演するときの伊野尾は、“適当キャラ”をウリにしていますが、本性はかなり礼儀正しい
機転も利き、女性のように綺麗なビジュアル、こちらのニーズにも応えてくれるので、今後テレビ界では重宝される存在に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者