2016年10月08日更新
格差 大野智 松本潤

グループ内格差が明らかに?嵐の大野智と松本潤のドラマ主演対決

松本主演ドラマは平均視聴率17.2%と、今期の民放ドラマのトップ、一方の大野は平均視聴率12.8%と、悪い数字ではないがその差は大きく開き個々の活動で大きな格差が生じている。

8773
0

いまやジャニーズの稼ぎ頭にまで成長した嵐

春期ドラマで松本潤は「99.9」、大野智は「世界一難しい恋」に出演。松本主演ドラマは平均視聴率17.2%と、今期の民放ドラマのトップ、一方の大野は平均視聴率12.8%と、悪い数字ではないがその差は大きく開いた。

春ドラマで見せた“松潤VS大野”の視聴率対決

春期ドラマでは、松本潤(32)と大野智(35)。松本は『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)に、そして大野は『世界一難しい恋』(日本テレビ系)にそれぞれ出演し主演

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『99.9~』では松本が初の弁護士役に挑戦し話題を集め、ストーリーのテンポの良さもあり、平均視聴率は17.2%
一方で、大野が初のラブコメに挑戦するということで話題を集めた『世界一難しい恋』は、ヒロイン役に『あさが来た』(NHK)で主演をつとめた女優の波瑠(25)を起用するも、平均視聴率は12.8%と『99.9~』に惨敗

スポンサーリンク

スポンサーリンク

決して悪い数字ではないが、嵐のメンバー同士で比べると、その数の差は大きく開いてしまったカタチ

回の二人の差は、ストーリー展開と、松本が完全に当たり役に巡り合ったという点が大きい
“キレ者”を演じることを得意とする松本が、メリハリのあるストーリー展開の下で演技をしたらまさに“鬼に金棒”
大野もコミカルな役どころを演じることには定評がある

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドラマそのもののストーリーが若干、尻切れトンボだったところに、物足りなさを感じた視聴者が多かった
主演をつとめることが増えるであろう両者の視聴率対決にも、注目したいところ

これがメンバー人気の差ではない

正直なところドラマに恵まれた恵まれなかったという類の差であるのはわかりきっている

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者