2016年10月17日更新
解散 佐藤アツヒロ ABChanZOO

SMAPファンがやるせなくなるワケ 元光GENJI・佐藤アツヒロの解散トーク ABChanZOOより

A.B.C-Zの冠番組『ABChanZOO』(テレビ東京系)にゲスト出演した、元光GENJIの佐藤アツヒロ。そこでの“グループ解散”についてのぶっちゃけトークが、SMAPファンたちを中心に話題

6171
0

「佐藤アツヒロ緊急記者会見」

A.B.C-Zが質問者となって光GENJIに関するクイズに挑戦する今回の企画。正解するごとに、当時のマル秘エピソードを聞くことができるというルールで番組が進行した

光GENJI時代のありえない話」では、河合郁人が「メンバー間でケンカはあったか」と質問

佐藤は、「メンバーではケンカは、全然普通にある」と答え、最年少の佐藤にとって年長メンバーは「怖かった、めちゃくちゃ怖かった!」のだとか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「(やりたいことなどの)意志は強かったよね、時代的にはみんなそれぞれが」と、メンバー同士の意見がぶつかり合うことでケンカが生まれたと語っていた。

順調にクイズに正解していき、「光GENJI時代の後悔した話」を聞き出すA.B.C-Z

佐藤は10代前半でグループの人気絶頂を迎えたこともあり、なにも考えずに芸能活動をしていたが、20代に入りやりたいことが少しずつ明確になってきたそう

スポンサーリンク

スポンサーリンク

佐藤が22歳のときに光GENJIは解散。「グループのために自分はこういう風にしていきたいなとか、いろんな考えを言うことができずに終わってしまったというのが後悔」と、苦しい胸の内を明かしていた
河合が「解散したことは後悔ではないんですか?」とツッコんだ質問をすると、「オレは解散したくなかったけども、まあそれはメンバーの多数決というか、いろんな問題であるから。それはオレ1人で決められないから」と、佐藤としては“無念の解散”であったと語った

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ファンが引っかかったのは、「解散が多数決で決まる」という佐藤の発言

これはSMAP解散騒動で報じられた“グループ存続派”と“解散派”に分かれ、最終的に“解散派”が多かったために決まってしまった、という顛末に似ている
これについてネット上のファンは「解散したくないメンバーがいても、多数決で決まってしまう……前例があるんだね」「SMAPの離れ方が光GENJIと似てるのはどういうことなんだろう?」「光GENJI解散から20年以上経ってるのに、まだ同じことやってるってことか」と、解散に至る経緯にやるせなさを感じる人が多い
 今回は光GENJIの話として佐藤が解散の裏事情について明かしていたが、やはりタイミング的にファンの頭に浮かんできたのはSMAPの姿

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者