2016年10月07日更新
番組 松岡昌宏 TOKIO

長瀬智也「そのギャップがまたいいよね」 TOKIO 松岡昌宏は、お酒が入ると甘えん坊?

『TOKIOカケル』が放送された。同番組は、TOKIOメンバーとゲストが駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティー番組。メンバーの暴露によって意外な性格が露呈しました。

9665
0

『TOKIOカケル』にて軽快なトークを繰り広げた

フジテレビ系列に『TOKIOカケル』が放送された。同番組は、TOKIOメンバーとゲストが駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティー番組。TOKIOメンバーの印象が明らかになった今回は意外な一面も垣間見えた。

番組の冒頭では、ゲストの本田翼と山本美月が「許せる」「許せない」の2択形式で回答

「自分の話ばっかりする男子」「居酒屋で声が大きい男子」の2問を許せないと回答した本田は、「会話ってお互いの話で成り立つじゃないですか。聞く気持ちがない人とはお話ができないかな」と許せない理由を明かした

スポンサーリンク

スポンサーリンク

長瀬智也が「自分の話も聞いてほしいってこと?」と質問を重ねると本田は「聞いてほしいっていうか、聞く気持ちがあってほしい。気持ちの問題ですね」と返答
松岡が「みんな笑ってるけどチクチクきてる。2問まで出た時オレのことかと思った。番組サイドがオレにケンカ売ってるのかって」と自身のことを言われている気がしたとコメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松岡の異変に気付いていた国分は「それで若干大人しくなってたんだ」と発言し、笑いを起こした
「メールの返事を催促してくる男子」という質問には2人とも許せないと回答。本田が連絡を無視することもあると話すと、城島茂から「ちょっと待って。なんで無視するの?『読んでる』って返してくれてもいいやん」と思い当たる節があるような発言が飛び出した

「酔うと甘えてくる男子」という質問に関連して国分太一

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「この中でいうとさ、松岡くんてお酒入るとちょっと甘いよね」と暴露
松岡は酔うとだんだん内股になっていくようで、長瀬が「そのギャップがまたいいよね」とコメントすると松岡は照れ笑いの表情を浮かべた
そのほかには、本田がメールなどで安易にハートの絵文字を使ってしまうことがあることを明かし、松岡が「それ気をつけた方がいいって。そのハートは時として男心をマジにさせる」とアドバイスする場面

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者