2016年10月10日更新
コメント 中居正広 SMAP

解散ネタで一笑い 「ジャーナリストとかがなんだかんだ言うのは腹が立つ」とSMAP中居正広

稲垣吾郎がパーソナリティーを務めるラジオ『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』(文化放送)を皮切りに、メンバーそれぞれがコメントを発表。ようやくファンに向けてメンバーの声が届いたという状態であった。

4366
0

解散発表直後、マスコミの報道が過熱しているのに対し、本人たちは沈黙を貫いていた

今年12月31日を持って、グループとしての活動を終了することが発表されたSMAP。8月14日未明に行われた解散発表は、マスコミ関係者に宛てたFAXのみ。メンバーが解散について言及したのは、ほんの数行のコメントだけだった。ラジオでコメントを発表して以降は徐々に“解散ネタ”をテレビやラジオでメンバーが語るように。

解散報道後の収録ということで注目が集まった『SMAP×SMAP』

ゲストのベイカー茉秋が「初めて買ったCD」をSMAPメンバーが当てるクイズで、コーナー司会を務めた中居正広が「結構、今タイムリーですよね」とヒントを出し、木村拓哉が「SMAP」、香取慎吾が「世界に一つだけの花」と答え、見事正解する場面も

スポンサーリンク

スポンサーリンク

香取がレギュラー出演する『おじゃMAP!!』(同)でも、ゲストに対して「またぜひフラットな状態のときに(来てほしい)」と言って笑いを誘った
『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)では、中居が「タイムリーな時期にこの番組はキツイなあ」と愚痴をこぼしたりと、自ら解散を意識したコメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『中居正広の神センス☆塩センス!!』(フジテレビ系)では、中居からかなり突っ込んだ“解散ネタ”

「さまざまの場面での対応は正しかったのか、間違っていたのか」をテーマに、ゲストたちと徹底討論する同番組。終盤には、元スピードスケート選手でオリンピックメダリストの清水宏保がゲストとして登場し、アスリートならではの経験を語った
中居は長年TBS系のオリンピックキャスターを務めているということもあり、アスリートへ取材することの難しさを熟知しているようで、清水の話に深く頷いていた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「写真撮影の際に『メダルを噛んで』など、メディアの要望に応えただけなのに、帰国したらマスコミに叩かれていた」という経験もあるらしく、「スポーツ選手はメディアに振り回されている」と語る清水に、中居は「本当わかるわ」と共感
「勝手にタレントとかジャーナリストとかが、なんだかんだ言うのは、本当に腹立つよね!」と、わざと苦虫を噛み潰したような表情を浮かべ、語気を強める
清水の対応をめぐる一般調査の結果は「間違った対応」(塩センス)に。これにも中居はまたもや含みを持たせて、「本人にしかわからないことって、たくさんあると思います!」と力説し、スタジオは笑いに包まれていた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者