2016年10月13日更新
ホタル 堂本剛 KinKi Kids

吉井和哉提供曲「ホタル」を『Mステ』で披露 KinKi Kids堂本剛絶賛

「薔薇と太陽」の表題曲と同様、THE YELLOW MONKEYの吉井和哉から提供されたもので、「KinKi Kidsの歌声と吉井氏の楽曲が合わさり、なんとも言えないグッとくる大人な作品になっています」と、仕上がりに手応えを感じているよう

6744
0

『N album』の収録曲の中で、ファンの注目を集めている楽曲のひとつが「ホタル」

KinKi Kidsの所属レーベル「Johnny’s Entertainment」の公式ブログによると、同曲は夏にリリースしたばかりのシングル。新アルバム『N album』収録曲のこのナンバーにはどんな思い入れがあったのか。

ラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)にて

堂本剛が同曲の魅力をせつせつと語っていた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

剛は「自分が奈良にいたころ、Tシャツ短パンはいて、ビーサンはいて、ピチピチ走ってたみたいな……。あの時の自分っていうか、昔の自分が目の前に立ってるような感じっていうか、すっごい不思議な感じになる曲で」とせつなさやノスタルジーを喚起させる曲だと説明
また「この『ホタル』のトラックダウン(録音された音をまとめる作業)してる日、僕は奈良でホタル見てたんですよ。そういうのもあってね、この曲の思い入れっていうのがまたさらに増したなという感じ」としみじみ感想を述べていた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

剛が同曲を聞いて感じた「お祭りのにおいがしたり、奈良の夏の夜」という感覚と同じように、「ホタル」は、誰が聞いてもそれぞれの故郷の夏を彷彿させる楽曲
『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)ではKinKi Kidsが同曲を披露その世界観を堪能したファンも少なくない

グループとしては中堅としてジャニーズを引っ張っているKinKi Kids

スポンサーリンク

スポンサーリンク

99年の『第50回NHK紅白歌合戦』に歌の合間のコーナーにゲストとして「フラワー」を歌った以外、楽曲を披露したことはない
98年以降毎年東京ドームで行っていることが関係しており、関西出身のKinKi Kidsは開催当初から『カウコン』に出演し続けており、そういった大舞台で聞きたいという声も多い
恒例のドームコンに期待しているけどギリギリまで発表がない状態にファンは気をもんでいる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者