SMAPの7曲がデイリーランキング100位圏内に 「世界に一つだけの花」は約4,000枚売り上げ

今年1月に起こったSMAP解散・分裂騒動以降、ファンの間では、2003年に発売されたシングル「世界に一つだけの花」の“購買運動”が継続されている。現時点ですでに270万枚を越える売り上げを達成しているが、この“購買運動“により、300万枚の売り上げを目指すというもの

5045
0

ファンは主にネットやSNS上でこの運動を自然発生

「#世界に一つだけの花購買運動」「#SMAP25周年に300万枚の花束を」などのハッシュタグを用い、運動を広げてきた。その結果、オリコンデイリーCDシングルランキングでは圏外だった「世界に~」を、10年ぶりにトップ100入りさせる快挙まで成し遂げた

「Amazon」では、過去24時間で最も売り上げが伸びた商品の「人気度ランキング」をSMAPが独占

一時、1位から60位まですべてにSMAPのシングル・アルバムが並ぶという事態まで起こった

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中には、SMAPがブレイクするきっかけを作ったとされているバラエティ番組『夢がMORI MORI』(フジテレビ系、1992年~95年)でのコーナー「音松くん」のイメージソング「スマイル戦士 音レンジャー」や、アルバムの中でミリオンセラーを達成している『Smap Vest』(01年)など、懐かしいタイトルも
この勢いは止まらず、リコンデイリーCDシングルランキングでは、3位に「世界に一つだけの花」(売上3,986枚)、そして7位には「ありがとう」の2作品がトップ10にランクイン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『リオオリンピック2016』のメインキャスターを中居正広が務め、そのテーマソングに「ありがとう」が起用されていることで、急浮上につながった
100位までに視界を広げてみると、「Otherside/愛が止まるまでは」が34位、「シャレオツ/ハロー」が59位、「Yes we are/ココカラ」が60位、「Top Of The World/Amazing Discovery」65位、「Joy!!」が100位と計7作品がランクイン
オリコンウィークリーランキングでは、「世界に一つだけの花」が17位になることが確定

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このような形で“数字”となって結果が表れたことについて、「SMAPファンの団結力ハンパないな」「こんなの今までもこれからも、絶対誰も成し遂げられないかもね」「やっぱり国民的アイドルって証拠」など、ファン以外からも驚きの声が上がっている
ファンはさらに“購買運動”を盛り上げる様子で、「あと少しでトリプルミリオン! まだまだ踏ん張る!」「ファンの思いがどうか届きますように!」「絶対に300万枚達成させたい!!」と、ますます気合が入っているようだ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者