2016年10月10日更新
橋本 塚田 A.B.C-Z

同期がデビューして焦るJr.に自らの経験を語りながら激励 A.B.C-Z 塚田&橋本

塚田僚一がMCを担当。明るいキャラクターが受けバラエティ番組などで活躍している塚田だが、今回の放送は思いがけず“深い話”になったようだ。

5669
0

バラエティ番組などで活躍している塚田

ラジオ『ダイヤルA.B.C☆E』(TBSラジオ)がスタートすると発表された、A.B.C-Z。同番組を含め、現在ラジオ番組のレギュラーを3本持っている彼らだが、NHKラジオ第1にて放送されている『A.B.C-Z今夜はJ’s倶楽部』は、毎回ジャニーズJr.からゲストを招いてトークを展開。MCを務めるメンバーも放送ごとに替わり、リスナーを楽しませている。

番組冒頭、塚田の持ち込み企画として「一問一答」に挑戦

「今1番鍛えている筋肉はどこですか?」「女の子に会ったとき、1番最初に目が行くところを教えてください」などラフな質問が続く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「ジャニーズを辞めたいと思ったことはありますか?」という質問に、「正直、あります」と答える。河合郁人から「何歳ぐらいのとき?」と聞かれると、迷いつつも「20歳とかになるのかな?」と明かしていた
現在塚田は29歳だが、「後輩がデビューしていって、自分の未来がないんじゃないか」と考えたことが、「辞めたい」と思ったきっかけだったのだとか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この話に共感したのは、A.B.C-Zの前身グループ「A.B.C.」のメンバーだった河合、戸塚祥太、五関晃一の3人
河合が「ちょうどハタチで大人にもなったし、今のままじゃダメだと?」と塚田の言葉を代弁
「そういう話を焼肉屋で、みんなで話したもんね!」と当時を振り返ると、「しましたね!」(五関)「懐かしい~」(塚田)と、思い出に浸っているようだった

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゲストとして登場したJr.の今村隼人も、A.B.C-Zと同じ経験をしたことがある

A.B.C-Zのメンバーが、今村について紹介していく形で番組が進行。「ジャニーズに入って1番つらかったこと」について、「同期がどんどん上に上がっていく中、『自分は何をしているんだろう』と悩んでいた時期」と答えた今村
Sexy Zoneの佐藤勝利が同期ということで、「朝起きたらニュースで(Sexy Zoneが)デビューしてるって(知った)。その夜中に、湯船で泣いたんですけど」と、悔しい経験を語っていた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者