2016年10月09日更新
近藤真彦 野球大会 ジャニーズ

近藤真彦らが振り返る問題点 ジャニーズ野球大会、「シラける展開」

『“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会』。近藤真彦が監督を務める「J.Red」と、少年隊・東山紀之率いる「J.White」が対戦し、激闘の末に8-6でJ.Redが勝利。

5183
0

全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会

数多くのジャニーズタレントが参加した『“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会』。近藤真彦が監督を務める「J.Red」と、少年隊・東山紀之率いる「J.White」が対戦し、激闘の末に8-6でJ.Redが勝利した。ラジオ番組『近藤真彦くるくるマッチ箱』(文化放送)では、同大会で采配を振るった近藤が、現場の裏側を語った。

この日の試合は、1回表にJ.RedのHey!Say!JUMP・高木雄也らがヒットを打ち、6点を先取。

近藤の指揮の甲斐もあってJ.Redが勝利を手にした

スポンサーリンク

スポンサーリンク

野球少年だったという近藤は、東京ドームで野球ができた上に自身のチームも勝利し、「気分いいですね」と上機嫌な口ぶり
監督の目線から「1回の表はちょっとギクシャクしちゃったんだけど。それ以降はね、まぁ普通の草野球程度の野球にはなってたのよ、ちゃんと」と、後輩のプレーを評価
1回表の“ギクシャク”について、「ピッチャーもね、相当良い球をね、練習では投げてたの。両方のチームのピッチャーが」と、切り出した近藤

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1回表、守備についたJ.Whiteの先発投手はジャニーズJr.の岩橋玄樹だったが、近藤は「何とかっていうピッチャーがいたの」と、名前を覚えていない様子
近藤いわく、“彼”はブルペンでは良い球を投げていたものの、多くのお客さんが入る中で試合が始まり、ガチガチに緊張してしまったとか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

相手チームの岩橋が本番に弱かったことを暴露

それでも楽しい試合にしようと思った近藤は、相手チームの監督・東山と共にファンを楽しませることを優先して選手に指示していたことを明かした

試合後は出場者による豪華なショータイムが行われた

近藤は「僕はもう、野球やったら帰っちゃいました。歌わず」と、他人事のようにトーク
番組のアシスタントで文化放送のアナウンサー・小尾渚沙から「しかも、後輩たちのライブも見ず?」と聞かれ、近藤は「見ず、見ず、見ず。まぁ、見てもあんまり意味がない……」と、ぶっちゃけ発言

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者