2018年12月12日更新
中川家 パニック障害 岩橋玄樹

「キンプリ岩橋玄樹がUSJに遊びに行っていた報道」についてパニック障害だった中川家・剛が言及

10日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、この「パニック障害」について、当事者だったお笑いコンビ「中川家」の剛が語った。

12522
0

中川家・剛が明かす「パニック障害」の苦悩

1992年に弟・礼二とコンビを結成すると、1996年には「ABCお笑い新人グランプリ」で最優秀新人賞を受賞。仕事が順調に増えていた1997年に発症した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
「27歳の時、ご飯を食べていて“急に息ができない“と感じた。今考えると、突然仕事が増えたことで、出だしの人間が10歳も20歳も上の先輩に堂々と絡みにいけるわけでもなく、顔色を伺いながら。それとストレスだったんじゃないか」。

引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
動悸、息切れなどのパニック発作が数分きて、ピークが過ぎればおさまるが、またそれが起きるのではないかという“予期不安“によってパニック障害になっていく」と話す。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

「King&Princeの岩橋がUSJに遊びに行っていた」という報道について

NHK「紅白歌合戦」への出場も決定した人気グループ「King&Prince」。しかし今年10月、「必ず病を克服し、皆様の前に立てる日を目指して治療に専念します」と、メンバーの岩橋玄樹が活動休止を発表した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

「気持ちが分かる。多分、試したんじゃないか。」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「King&Princeの岩橋がUSJに遊びに行っていた」という報道について剛は「言いたいことがあった」と前置きした上で、「気持ちが分かる。多分、試したんじゃないか。本当はもう治っているんじゃないか、昨日は苦しかったけど、今日は治ったんじゃないかとと、調子がいい時はやってみたくなるものだ」と話した。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者