【FNS歌謡祭2021】第2弾出演者発表!ジャニーズコラボ企画も続々!

相葉雅紀と永島優美アナウンサーが司会を務め、12月1日(水)と8日(水)の2週連続生放送で届ける『2021FNS歌謡祭』新企画も明らかになった

2264
0

2021FNS歌謡祭

相葉雅紀と永島優美(フジテレビアナウンサー)が司会を務め、12月1日、8日に2週連続生放送でオンエアされる『2021FNS歌謡祭』(フジテレビ系)の出演者第2弾が発表。松田聖子、スピッツ、浜崎あゆみ、東京事変、King Gnuらの出演が追加された。さらに、番組内でオンエアされる数々の企画も発表された。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
アーティスト同士の豪華コラボレーションも続々と決定。既報の関ジャニ∞と生田斗真のコラボパフォーマンスに加え、12月1日(水)放送の第1夜では、郷ひろみが蒼井翔太と「言えないよ」を。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
デビュー35周年を迎えた徳永英明は代表曲「夢を信じて」を、Sexy Zone・中島健人、菊池風磨とともに熱唱。さらに、Sexy Zoneは中島が主演を務めたドラマの主題歌「夏のハイドレンジア」を、作詞・作曲を担当した秦基博とのコラボで披露する。

さらに『2021FNS歌謡祭 夏』で郷との共演が話題を呼んだJO1が今回は和田アキ子とのコラボに挑むほか、AIと倖田來未の“同期コラボ”も。また、ミュージカル映画「ウエスト・サイド・ストーリー」から「Tonight」を京本大我(SixTONES)と笹本玲奈の共演で送る。

12月8日(水)放送の第2夜では、佐藤浩市が名曲「横浜ホンキー・トンク・ブルース」を江口洋介、小澤征悦との共演で披露。今年いっぱいで乃木坂46を卒業する生田絵梨花が斉藤由貴と「卒業」をコラボするほか、安田章大(関ジャニ∞)は“大ファン”を公言するWANIMAと念願の共演を果たす。

また、『FNS歌謡祭』名物のクリスマスソング特集も必見だ。KinKi Kidsが後輩のSexy Zone、なにわ男子と「シンデレラ・クリスマス」をコラボするほか、DA PUMP×クリス・ハート、ももいろクローバーZ、Little Glee Monster、日向坂46がクリスマスの定番ソングをカバー。さらに、デビュー20周年を迎えるBoAが、韓国から自身の代表曲「メリクリ」を届ける。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者