2019年02月10日更新
松潤 入所時

嵐がジャニーズの入所時のエピソードを回想!松潤は...◯◯◯◯だった!?ww

嵐がジャニーズの入所時のエピソードを回想!松潤は...◯◯◯◯だった!?ww さすが松潤wwwwwww

1710
0

松潤は...◯◯◯◯だった!?ww

放送400回を迎えた2月7日の放送は、対戦相手に神木隆之介、有村架純ら2月15日(金)公開の映画「フォルトゥナの瞳」チームが登場。嵐チームのプラスワンゲストには、尼神インター・渚、ゆりやんレトリィバァが加わった。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)
「クリフクライム」では、松本潤と共に挑戦したゆりやんに注目が。松本は、最近ポールダンスを習い始めたというゆりやんに期待を寄せつつ、自分の担当エリアを早い時間でクリア。だが、ゆりやんは上に登るための助けとなるはずのエレベーターで開脚状態のユニークな体勢になるなど、クリアできなかった。そんな、大爆笑となったゆりやんの姿に、かつて同じようにエレベーターで笑いをとって“エレベーター師匠”と言われた櫻井翔は「くそ~、めちゃめちゃ面白いやないか」とくやしがりつつ、「俺は究極のエンターテインメントを見たと思ってる」とコメントした。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)

嵐がジャニーズの入所時のエピソードを回想!松潤は...◯◯だった!?

また、ゲームの合間には、「フォルトゥナの瞳」のストーリーにちなんで「人生の転機」を聞かれた嵐がジャニーズ事務所に入った経緯を語る場面も。自分で履歴書を送った櫻井は、両親には内緒だったという。ある日、帰ると家の空気が違い、1次審査通過の手紙を親に問われるも、「なんだろうな、これ」ととぼけたという。そこで、1次審査通過の手紙は緑色だったことが明かされ、大野智、二宮和也、相葉雅紀も同意したが、松本だけは「ジャニー(喜多川)さんの電話だもん」と言い、櫻井は「スーパーエリートコースだ」とツッコんだ。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)
そんな中、大野はジャニーズJr.時代のエピソードを告白。現在V6の岡田准一と隣同士で座っていたところ、ジャニーさんから「YOU、バレーボールできる?」と問われた。大野は経験もなく、バレーボールの何かをやらされるのではと思って「できない」と答え、「できる」と言った岡田がV6に入ることになったと明かした。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)
対戦では嵐チームは負けてしまい、400回記念を飾れなかったが、トークシーンが多かったことに、ファンからは喜びの声が上がった。

2位「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(毎週木曜夜8:00-9:57、TBS系)6107pt

2月7日は、「もしも突然目の前に超一流芸能人が現れたら…信じる?信じない?」の仕掛け人として、公開中の映画「雪の華」で共演する登坂広臣と中条あやみが出演。催眠術モニタリングとして、自分の夫や妻が一流芸能人に見える催眠術をかけられたら信じるかを検証した。

3組の夫婦がターゲットとなり、催眠術のあとに、振り返ると登坂や中条が夫や妻と入れ替わっているというもの。いずれも最初は催眠術に懐疑的な様子を見せるも、実際に登坂や中条がその場にいると、まさかの展開に驚愕。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

夫が登坂に代わった妻たちは、催眠術をとかずに「このままがいい」との言葉に夫ががっくりする場面も。視聴者からは「私も催眠術かけてほしい!」との願望が寄せられた。

3位「ゴロウ・デラックス」(毎週木曜夜0:58-1:28、TBS系)5795pt

2月7日は、吉本ばななをゲストに迎え、新著「吹上奇譚 第二話 どんぶり」を掘り下げた。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)
本シリーズを書くきっかけは「前、『王国』というのを書いたんですけど、その時主人公と気が合わなくて、ずっとつらかったんです。自分じゃないから主人公たちって。その後悔から、今回はちょっと自分寄りというか、意見が合いそうな人で長く書きたいなと思った」と明かされた。

その言葉に、MCを務める稲垣吾郎は「作家さんて登場人物と対話をしながら進めていくものですよね」と言い、続けて「役を演じるのも一緒。いつも作家さんの話を聞いて思うんですけど、同じだなって」「想像のプロセスは非常に俳優と作家は近い」と述べた。

その他、創作現場である仕事場の公開や、昨年亡くなったさくらももこさんとのエピソードも語られた。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)
また、SNSでは、今回の告知をした公式Twitterでハッシュタグにも注目が。それは、「#皆さんありがとうございます」というもの。5日に一部スポーツ紙などで本番組の終了内定の報道があり、視聴者のみならずこれまで出演した小説家などからも惜しむ声と、番組存続を願う投稿が相次いでいた。そのため、番組ファンへのメッセージではないかと推測するコメントが上がった。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

何をお探しですか?

まとめ作者