2018年08月02日更新
鉄腕DASH TOKIO 山口達也

山口メンバー騒動の影響か? 以前は高視聴率を連発していた 「鉄腕DASH」、毎週低調に

すっかり影が薄くなったのが午後7時台の『ザ!鉄腕!DASH!!』だ。 「7月8~29日の4回の視聴率は13.9%、14.0%、13.6%、13.8%。 今まで日本テレビの週間視聴率ではトップ3に必ず入っていたのですが、それを逃すことも多くなってきました」(芸能ライター)

1773
0
それに対し、午後8時台の『イッテQ』はどうか。8日は18.8%。15日は17.3%、22日は20.3%と、
明らかに午後8時になってからチャンネルを合わせる人が増えている。

「特徴的なのは『DASH』の裏番組の視聴率が上がっていないのに『DASH』だけ数字が下がっているということです。
テレビ朝日が不定期で放送する『所&林修のポツンと一軒家』が2ケタをマークすることもありますが、
裏番組が強くなったわけではありません。単に視聴者が『DASH』を見ないようになったのでしょう」(同)

対して、『イッテQ』の裏はNHKの大河ドラマ『西郷どん』。
毎週11~12%と低調だが、2ケタには必ず乗せてくる。そんなライバルが裏に控える中でも20%を超えるのは、『イッテQ』が力を持っている証拠だろう。

元TOKIOのメンバー・山口達也氏がで書類送検されてから初のオンエアとなった5月13日の回は20.8%を記録した。
あれから3か月近く経つ。事件を思い出して視聴者が離れているのか?

「山口さんはDASH島の作業やDASH海岸での調査には欠かせない人物でした。
今、それが立ち行かなくなっていることが、番組の人気を鈍らせている原因でしょうか」(同)

今後の『DASH』はどうなるのだろうか……。
https://npn.co.jp/article/detail/02628335/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者