2018年02月02日更新
二宮和也 ブラックペアン

二宮和也、4月からTBSの日9枠で医療ドラマ「ブラックペアン」で天才医者外科役・渡海征司郎に挑戦

[フリーター、家を買う]→2010 [弱くても勝てます]→2014 [ブラックペアン ]→2018 4年に1回連ドラの主役をやる運命のようですね

18052
0

雑誌のリーク情報より

画像を拡大

リーク情報。松潤の「99.9」の後?

出典:imgcc.naver.jp

新聞にも正式に掲載

ブラックペアンって、どんな内容?

海堂尊さんの小説「ブラックペアン1988」が原作です

医師国家試験受験後、合否判定を待ちつつ東城大学医学部付属病院の研修医となった世良雅志。佐伯清剛教授を頂点とする総合外科学教室(通称・佐伯外科)に入局した世良は、入局から3日目、帝華大学からやってきた新任の講師・高階権太と遭遇する。高階は食道自動吻合器「スナイプAZ1988」を引っ提げ、手術の在り方、若手の育成に一石を投じて波紋を呼び、総合外科学教室の秩序を乱す言動と相まって周囲からの反感を買っていた。また「佐伯外科」には「オペ室の悪魔」と呼ばれる万年ヒラ医局員の渡海征司郎がおり、世良は高階や渡海との関わりの中で医師として成長していく。

世良が入局してから半年後、佐伯が病院長選挙のパフォーマンスのために北海道での学会に出席中、手薄となった病院では渡海と佐伯の過去の因縁が明らかになる事件が起こる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この渡海征司郎を演じるのが二宮和也さんのようですね

余談ですが、仲村トオル&伊藤淳史の「チームバチスタ」と原作がリンクしています(未読でもOKですよ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者