2019年01月27日更新
活動中止 活動休止

嵐 2020年で活動休止 5人全員がそれぞれコメント発表、提案したのは大野智!(全文有り)

嵐が、2020年いっぱいでグループとしての活動を休止することが27日、発表された。「ジャニーズネット」ファンクラブサイト内で、メンバー5人が並んで、それぞれが話す動画がアップされ、活動休止を表明した。休止期間については明言されていない。

5373
0

大野智のコメント

 僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、2020年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました。突然の発表で驚かせてしまっていると思いますが、まず誰よりもいつも
応援してくださっているファンの皆様に僕たちの決断をちゃんとお話しさせて頂きたいと思います。

 2017年6月中旬ごろに僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。その内容は2020年をもって自分の嵐としての活動を終えたいと嵐20周年、そして2020年という
区切りで一度嵐をたたみ5人それぞれの道を歩んでもいいのではないかと、また、勝手ではありますが一度、何事にも縛られず自由な生活をしたいと自分の思いを伝えました。

 メンバー1人1人とも何度もあって話をしました。その後は5人で何度も何度も話し合った結果、2020年をもって嵐を休止するという決断に至りました。メンバー個々の思いもあります、その思いを
背負いながら2020年いっぱいまで走り抜きたいと思っております。

 急な発表ではありますが、今までずっと僕らのことを支え続けてくださったすべての関係者の皆様、そして何より僕たちをずっと応援し続けて下さったすべてのファンの皆様、本当に申し訳ありません。
言葉では表せられないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました

 2020年までの残りの期間、今、自分にできる使命をきっちりと果たしていきたいと思っております。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

松本潤コメント全文

以下松本潤コメント全文

ずっと話し合いを重ねてきて、このような決断に至りました。

2020年まで5人で走り抜く事。また、ファンの皆さんと楽しい思い出を最後まで描き続けられるように、1日1日を精いっぱい過ごしていけたら。そんな風に思っています。

このタイミングで発表させて頂いたのは、応援してくれるファンの皆さん、一緒に仕事をさせて頂いている関係者の皆さんに、僕たちの決断を理解してもらうには時間がかかる事だと思い、この時期に発表させて頂きました。また、キチンとお話しした上で、自分たちも前を向いて日々を過ごしていきたいと思うからです。

これから20周年の今年も含めて、今まで応援してくださった皆さんに感謝の気持ちを伝えていく、そんな時間になったらと思っています。

5人で団結して最後まで走るので、ついてきて頂けたらうれしいです。
引用元:www.nikkansports.com(引用元へはこちらから)

相葉雅紀のコメント

 僕も本当に驚きましたし、何よりも本当に5人で嵐という思いが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては嵐と名乗ってグループ活動するのは難しいと思いました。

 本当に僕は嵐のことが大好きですし、嵐のためだったら何だってできると思っております。本当に仲が悪くなってこういう結果になった訳ではありませんし、何度も何度も話し合いました。そして5人、
スタッフの皆さんも入れてですけども出た答えです。

 本当に残された時間にはなりますけど、今まで通り、今まで以上に皆さんに楽しんでいただけるように精一杯頑張らせていただきます。そして、いつの日かまた5人が同じ方向を向いて嵐として活動を
再開できる時には皆さまに喜んでいただけるようなパフォーマンスができるように本気で頑張らせていただきます。本当に皆さま今まで支えてくださってどうもありがとうございました。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

二宮和也コメント全文

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最初に話を聞いた時は驚きました。想像もしていなかったので。ですが、それから何度も話し合いそれぞれの思いを尊重し、今回休止をしようという
形になりました。

嵐は5人で嵐です。

2020年の最後の最後まで嵐らしく過ごして行けるよう、これからも5人で頑張っていきます。

関係各位の皆様方、まだまだお世話になります!

そして、ファンの皆。 僕らはいつまでも嵐です。
引用元:headlines.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

櫻井翔コメント全文

メンバーそれぞれと何度も何度も話し合いました。そして、5人全員でも何度も何度もたくさん話し合ってきました。

今相葉くんも言っていましたけど、バラバラになってしまったというよりは、5人でしっかりと肩を組んで、1つの大きな目標に向かっている、というのが今の嵐です。言うならば、一致団結といったところです。

皆さんこれまで数え切れないほどのたくさんの夢を見させて頂きました。ここから5人で駆け抜けていく中で、温かみを感じられるような線香花火のようなものからどでかい打ち上げ花火まで、可能性の是非も含めて日々考え続けてます。 どうか見守って頂けたらと思います。
引用元:www.nikkansports.com(引用元へはこちらから)

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者