2016年06月28日更新
ジャニーズ 退社 亀梨和也

辞めないでよかった…!一度はジャニーズを止めようと思ったジャニーズメンバーたち

人生の進路を考えた時、ジャニーズを辞めて他の事をしようと考える方もいるでしょう。今売れているメンバーたちにも、そういう時期があった方がいます。ここではそんな方についてまとめますよ☆

7284
0

一度はジャニーズを辞めようと思った!

ジャニーズ事務所をやめようと思うことがあるのは珍しいことではありません。
実際に今売れているメンバーたちにもそういう時期はありました。

ここではそんな時期があったメンバーや、その時のエピソードを紹介していきます!

高校受験時にやめようと思った亀梨君

亀梨は「今だから言える秘密…実は私○○なんです」と書かれたジョーカーを引き、少し間を空けたのちに「実は私、1回ジャニーズを辞めようと思いました。高校受験のときに、事務所に『辞めます』って言いに行ったことがあるんです」と暴露。しかし「社長に『YOU、何言ってんの!』って言われました」とジャニー喜多川社長に止められたことを明かした。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
ジャニー社長がとめてくれなかったら、KAT-TUNも今の亀梨君もなかったですね…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

亀梨は「その時社長といろいろお話しして『そうか、やっていこう』って思える会話があったんです」と当時を回顧し、「あの時辞めていたら、何になっていたんだろうと思う」としみじみ語った。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

高校生の頃辞めようと思っていた二宮君

ニノもジャニーズをやめようと思った過去があることを告白しています!
「ぼ くは高校1年生の秋(1999年)に嵐のメンバーになったんですけど、嵐になる前からジャニーズを辞めるってジャニーさんに宣言していたんですよ。嵐も期 間限定のグループだと思ってたから、9月に結成してもワールドカップバレーボールが終わる頃には辞めようと思ってたの。
引用元:jyajyani.doorblog.jp(引用元へはこちらから)

辞めて演出家になろうとしていた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニノは辞めた後のビジョンまではっきりしていて、やめて演出家になろうとしていたと語ります。
辞めて舞台の演出をやりたいって真剣に思っていたから、それなりに準備もしてたんですよね。まだ若い22~23才までの早熟で多感な時期に作品を一つ残しておきたかったんです。趣味嗜好だけで突っ走れるときにね
引用元:jyajyani.doorblog.jp(引用元へはこちらから)
本当に辞めないでいてくれてよかったですね!

ニュース加藤君もやめようと思っていた!

小説家としての活動も話題のNEWSの加藤君もジャニーズをやめようと思っていたそうです。
「デビューするまでは、ユニットの中ではわりと目立つタイプだったんですよ。デビューしたら、1番手2番手のヤツをかき集めてグループをつくったので、急に一番後ろになって、バックダンサーみたいになって……オレはどうしていくべきなんだろう? って」
引用元:jmania.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんなふうな葛藤があり…
「プライドはその時全部壊れましたよ。中学生のプライドなんてガラスですからね……。だから10代のころオレは、ジャニーズ辞めようと思ってました。9人いたメンバーみんな僕よりすごいと思ってましたから、オレのせいで個性を殺したらダメ、って。
引用元:jmania.jp(引用元へはこちらから)
プライドが折れ辞めようと…。

タイミングを失った!

あれよあれよとメンバーが減ってしまって、気付いたら(辞める)タイミングも逃してましたし、仕事は好きだしなあと思ってたら、こうなってました
引用元:jmania.jp(引用元へはこちらから)
ある意味ではメンバーに助けられ、なるべくして今の4人のニュースになったのかもしれませんね!

辞めないでくれてよかった!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者