【嵐】嵐さんのYoutube会見全文 SNS解禁 オリンピックの新国立ライブ Turning Up

2019年11月3日、嵐デビュー20周年を記念してYoutubeにて会見が行われた。その会見+質疑応答の全文へのリンクを紹介します。

4605
0

元記事

司会:さっそくですが、嵐のメンバーより本日お集まりいただいたみなさまに、今後の活動についてご報告をさせていただきます。なお、会見の最後にフォトセッションも設けておりますので、カメラマンの皆様、恐れ入りますが、このあとのフラッシュはお控えください。

引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
櫻井:お忙しいなか、日曜日の、そして連休の中日に記者のみなさまはお集まりいただきありがとうございます。そして今、ユーチューブをご覧のみなさま、改めまして、はじめまして、我々が嵐でーす。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
大野:本日はありがとうございます。嵐、今日でまる20年、みなさん、おめでとうございます。この20年間活動してきましたけれど、皆さんのおかげだと思いますし、皆さんが作った嵐だと思っています。デビューしてから今日まで、今日を経て、今この場に立てていることが本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本日はよろしくお願いいたします。

松本:えー、松本です。昨日の12時からですか、ファンの皆さんが嵐おめでとうと色々と書き込んでいるのを見て、20年経ったなと感じています。いま20周年の日に会見をやらせていただいて、皆さんとつながっている、いま自分たちの気持ちを伝えられる状況をとても嬉しく思っています。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
二宮:ファンの皆様、20年おめでとうございます。もちろん僕らが代表として沢山の方々におめでとうと言われることはありますが、僕らで作り上げた20年だと思っています。代表して受け取りますから、みなさんと一緒に、おめでとうございます。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松本:まず、本日よりTwitter、フェイスブック、インスタグラム、TikTok、微博(WEIBO)を解禁します。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
 続いて、音楽配信サービスについてです。先月10月9日より配信していた5曲に加え、デビュー曲から最新シングルまで、デビューから2019年までの全64曲のシングルを音楽配信することになりました。また、今までCDで音楽を届けてまいりましたが、今回初となるデジタル配信シングル「Turning Up」を発表することになりました。新曲と合わせて全65曲を本日19時より、音楽配信を、全世界に配信スタートします。また、新曲のミュージックビデオは、本日21時より解禁させていただきます。同時刻に嵐公式ユーチューブチャンネルでプレミア公開を行います。僕らもリアルタイムでチャットに参加したりしますので。ぜひ、20時半くらいかな?みんなで盛り上げて一緒に見ていただいたらと思います。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
櫻井:次に「JET STORM」について。2006年にソウル、バンコク、台北と1日でまわることをしました。要はそれの第二弾ということで、来週11月10日、11日の2日間で、ジャカルタ、シンガポール、バンコク、台北の4都市に実際に足を運んでご挨拶に行きたいと思っています。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
大野:そしてなんと、ライブが決定しました。来年5月15日と16日に、やります。場所は国立競技場です。うちらは初めて国立競技場でやらせてもらった2008年から改修工事に入るまでの6年間やらせてもらい、本当に思い入れが深い場所。生まれ変わった国立競技場でやるのを楽しみにしています。みなさんぜひ見にきてください。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)

質疑応答(Youtube未配信)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

――20周年おめでとうございます。今日はどんなお祝いを5人で考えていますか。

櫻井:今日は朝早かったので、ここに入って、楽屋でそれぞれ過ごして。僕ら5人だけというより、ファンの方と過ごせる時間をたくさん用意しているので、そこが一番楽しめるんじゃないかな、と。

松本:プレミアム公開でチャットみたいなことができるので、メンバーも参加するということですが、若干1名、タイピングができるのか不安な者がいまして……。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
――TikTokが入っていて驚きました。何をやりますか?

松本:日本のアカウントをたくさん見ていますが、アメリカや海外のアカウントもみていて、日本はわりとポップな楽しい感じのものが多いんですが、海外のものは本気で踊っていたりするので、自分たちの振り付けの部分のポイントだったりを色んな人に踊ってもらえるようなそういうツールになればいいな、と。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
――何かご覧になったことがありますか?

相葉:ツイッターもないかな……

二宮:お前は何も見ていない(笑)

相葉:ユーチューブは登録しなくても見られる! それで見たりはしていました。

松本:僕見ていましたよ。ユーチューブでいうと、SixTonesだったり、ジュニアのものも見るし、米津(玄師)くんや星野源くんがいろんなことをしているのも見ていましたし、海外アーティストも見ていました。あとは、いろんなチャンネルがあるじゃないですか。音楽だけじゃなく、そういうのも見ていました。SNSも見る専門で書き込んだりはしていませんでしたが、友達のをフォローしたりはしていました。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
—期限が1年の中で、どうしてもこれだけはやってみたいということは。

櫻井:嵐としてやってみたいことは今日現在、全て詰め込んでまして。嵐のコンサートには本当にいろんな国から来て頂いていて、いつか海外の皆さんにご挨拶に行きたいなという思いがずっとあったので、今回今年で4都市に行き、また北京でもコンサートをするということで、やりたいことをやらせていただける。プライベートは、隙間がほとんどなさそうですね。年が明けたらコンサートの準備に入ってくる。プライベートないですね(笑)
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
相葉:これからの期間、すごいワクワクしてますね。何よりみんなに近く感じてもらえたらいいなという思いでやっていこうと思います。あとはとにかくSNSを勉強します(笑)

二宮:僕ら東京五輪パラも 、NHKさんの方でがっつりやらせていただくので、世界中の人たちとコミュニケーションを取りながらやっていけたらなと思います。またユーチューブやインスタグラムなど、どこの地域で国で、認知していただけるのかもやってみないとわからないことなので、歓迎されているところではご挨拶に行けたらなと思っています
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
—SNSに関して、事務所の他グループへの波及として期待していることは。

櫻井:波及がないとは言い切れないと思いますけど、各グループの思いもあると思いますし、我々がやったから他の全グループがやるというものでもないと思います。それぞれの思いと判断だと思うので、少しドアを開いておくという感じでしょうか。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)
—活動期限が迫っている中、今の心境は。

松本:なるべく走り続けることを目標に、今いろんなことを考えているので、それを自分たちも楽しみたいし、ファンの人たちと楽しむ時間も1分1秒でも長くやって行きたいと思うし、2020年の12月31日や12月が、どういう空気になるのか、自分がその時どういう思いになるのか、正直想像がついていないんです。なので、そこまでファンの人たちと話を作っていけるか、そういうところに今は目が向いています。
引用元:dot.asahi.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者