2020年07月04日更新
キンプリ 高橋海人 神宮寺勇太

【確定】キンプリ高橋海人にメロメロのZIP徳島アナ 「絶対に海人担」と同意するファン続出

2020年6月29日7月3日に放送された「ZIP!」内のにてキンプリのコーナー「MEDAL RUSH」。神宮寺勇太と高橋海人が登場し、以前「レスリング」の“グレコローマンスタイル”に挑戦した高橋が先生役となり、生徒役の神宮寺に指導を行った。

2277
0
朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)にてKing&Princeがさまざまな競技に挑戦するコーナー「MEDAL RUSH」。6月29日~7月3日の放送回には、神宮寺勇太と高橋海人が登場。以前「レスリング」の“グレコローマンスタイル”に挑戦した高橋が先生役となり、生徒役の神宮寺に指導を行った。

 床に肩がつけば相手にポイントが入るレスリングでは、“首の力”を使って「ブリッジ」をすることが重要なポイントの一つだ。そして高橋は「ブリッジができたら女子にモテる」と神宮寺に言うと、「俺のときはもう徳島(えりか)アナがすごいメロメロな目で(VTRを見てた)」と発言。

 そこで、高橋の発言が本当かどうかを確かめるために、今年5月に未公開映像を放送したときの映像が流れると、確かに徳島アナは首の筋力を使ってブリッジする高橋の姿に目を見開きながら釘づけ。高橋がしっかり放送回をチェックしていることも明らかになった。

 一方、“モテる”と聞いてやる気になった神宮寺だが、全くブリッジができず「絶対無理だよ、コレ」と弱気。それを見かねた高橋は、お手本として首の力だけで前後にブリッジをしてみせ「コレは普通の人にはできないことなんです」とドヤ顔。これに神宮寺は「なんか自慢された気分で嫌な感じです」と不満そうにしていた。

 しかし、高橋が苦戦した背筋トレーニングは、いとも簡単に神宮寺がこなしてしまい高橋は「先生ができなくて、生徒ができるっていう……」と、ふくれっ面。ただ、こんな姿を今回も徳島アナは「生徒が優秀(笑)」と言いながら満面の笑みで見守っていた。

 その後は、投げ技の「巻き投げ」を教えることになり、ここからは高橋が先生としての本領を発揮。今回は、ソーシャルディスタンスを保つため人型の重りを使って練習に挑んでいたのだが「くじけそう」と弱気になる神宮寺の姿を見て、高橋は「いいね~いいくじけだね」とご満悦。そして、お手本でばっちりと投げ技を決めるとドヤ顔を決めつつ、神宮寺を指導。「巻き投げ」を習得した神宮寺に対し「まぁ生徒はそんな感じかな」と、すっかり師匠気分になっていたのだった。

 そして最終日は、高橋が指導を受けたシドニーオリンピック銀メダリストの永田克彦氏とリモートでつながり、相手を腕でロックして真後ろに投げる「俵返し」という技を教えてもらうことに。そして、高橋と神宮寺のどちらが上手に人型の重りを投げられるかをチェックすることになった。

 すると、人形を持ち上げられず横に投げ飛ばしてしまい「う~ん」という微妙な評価を受けた高橋。対する神宮寺は、しっかりと真後ろに投げ飛ばし永田も「お~!!」と驚き。最終的に「神宮寺くんのほうがキレイな投げでした」と高評価を受けることになり、先生役を務めてきた高橋は呆然としていたのであった。

 この放送にファンからは「前から徳島アナは海人担だと思っていたけど、海ちゃん本人も自覚してたんだ」「徳島アナが海人にメロメロなのは間違いない。絶対に海人担(笑)」などの声が続出。特に徳島が言及したわけではないが、意外と「徳島アナの反応は海人担と同じ」と、親近感を抱いていたファンも多かったことが判明したのだった。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者