2021年06月23日更新
岸優太 キンプリ ナイトドクター

キンプリ岸優太『ナイト・ドクター』主演の波瑠相手にタメ口!?ドラマ設定に違和感の声続出

6月21日に放送初回された世帯平均視聴率が13.4%と好スタートを切った、女優の波瑠主演のドラマ『ナイト・ドクター』。

954
0

岸優太出演『ナイト・ドクター』ドラマ設定に違和感の声続出

 6月21日に放送初回された世帯平均視聴率が13.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切った、女優の波瑠主演のドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)。ネットではKing & Prince・岸優太の熱演が反響を呼ぶ中、その岸演じる研修医あがりの元内科医・深澤新(ふかざわあらた)が波瑠演じる医師・朝倉美月に“タメ口”を使っているのが気になるというファンの声が続出している。

 このドラマは“昼夜完全交代制”を試験的に導入した柏桜会あさひ海浜病院を舞台に、夜間救急専門の医師「ナイト・ドクター」として集められた訳ありの5人の医師たちに焦点を当てた物語。波瑠演じる美月、田中圭演じる成瀬暁人、北村匠海演じる桜庭瞬、岡崎紗絵演じる高岡幸保といった医師がいる中、岸演じる深澤は両親を早くに亡くし、病気がちの妹の面倒をひとりで見ている元内科医という役柄だ。

 第1話では、あさひ海浜病院が夜間勤務専門の救命医チーム“ナイト・ドクター”を設立し、5人のドクターが集結。5人の指導医である沢村一樹演じる本郷亨が指導について来られるものだけついてこいと厳しい声をかける中、工事現場の崩落事故で怪我をした3人の重症者を受け入れる事態に。運び込まれた患者に救命の現場未経験の深澤と桜庭が戸惑う中、救命経験のある成瀬が中心となり、美月と高岡も治療に奮闘。過酷な現場を目の当たりにして深澤は内科に戻りたいと願うが、そんな中、深澤の妹・心美(原菜乃華)が遊びに行っていた花火大会で爆発事故が起こり、持病の発作で心美が倒れる。受け入れ先がなかなか見つからないなか美月のおかげで心美は助かり、深澤は心を改めて「ナイト・ドクター」の仕事を続けようと決めたのだった。

 このように第1話は深澤にスポットが当たる内容となっていたため、Twitterでは岸の演技に心を掴まれたファンや視聴者の称賛の声が続出。「岸くん相変わらず目の演技が上手だなぁ」「こんなに演技派とは知らなかった」「岸くんの演技がすごい刺さるんだけどなに」と岸の熱演を称賛する声が上がっていた。

 しかしその一方、同期とはいえキャリアも年齢も上の美月に対し、深澤がタメ口をきいていることに違和感を覚える、という声も続出。普段、バラエティ番組などでジャニーズの先輩や共演者に対して礼儀正しい印象がある岸が深澤を演じているだけに、どうしても重ねてみてしまうファンは多いようで、ネットでは「波瑠さんに対して岸くんがタメ口って年齢的にもキャリア的にも妙な設定」「岸くんが先輩医師に対してタメ語なのが気になるー」「岸くんがはるちゃんにタメ語使ってるのが不自然でたまらん」といった意見も多数寄せられていた。

「若き5人のナイト・ドクターたちの絆に焦点を当てた青春物語という側面もあるドラマのため、5人が敬語の関係性でないのは必然なのでしょう。今は岸さんのタメ口に違和感を感じるという人が多いですが、岸さん演じる深澤先生の成長に伴って気にならなくなっていくのでは」(テレビ局スタッフ)

 今後の物語の展開、そして岸演じる深澤を含めたナイト・ドクターたちの成長を楽しみにしたいところだ。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

皆の反応は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者