2020年08月16日更新
山下智久 山P トニトニ

山下智久の歌声を徹底解析する企画に揶揄する声続出「強烈な皮肉になってる」「もはや怒りさえ湧く」

8月12日発売の雑誌「週刊ザテレビジョン」内で、同日発売のチャリティーソング『smile』を歌う、ジャニーズ事務所の期間限定ユニットに参加するタレント全15組、75名の歌声を徹底解析する企画が実施された。

4017
0

山下智久の歌声を徹底解析する企画に揶揄する声続出

8月12日発売の雑誌「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)内で、同日発売のチャリティーソング『smile』(ジェイ・ストーム)を歌う、ジャニーズ事務所の期間限定ユニット『Twenty☆Twenty』に参加するタレント全15組、75名の歌声を徹底解析する企画が実施された。

掲載された音声・音響の分析は、「日本音響研究所」の鈴木創氏によるもの。ただ、山下智久に対する「リラックス効果を与える声」という評価について、ネット上では「強烈な皮肉になってる」「もはや怒りさえ湧くファンもいるのでは?」など、揶揄する声が飛び交ってしまっている。

「音声解析のプロである鈴木氏によれば、山下の声は“周波数ゆらぎ”と“振幅ゆらぎ”という2種類のビブラートがキレイに出ているため、リラックス効果をもたらしているとのこと。

しかし、山下といえば今月7日、『週刊文春』(文藝春秋)のウェブサイト『文春オンライン』から、現役女子高生・Aさんとの飲酒およびホテルでの密会疑惑が報じられたばかりです。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)
これが事実なら、タレントとしての進退だけでなく、法に抵触する可能性もあるため、『今の山下の声を聞いて、安堵するファンはいないのでは?』『むしろ負の感情を刺激するばかりだと思う』と指摘する声もあるようです」(芸能関係者)

さらに、鈴木氏によれば、「腹式発声などの基礎がしっかりしている」とのことで、努力を積み重ねてきたことは間違いない山下。だが、今回のスキャンダルによってすべてが水泡になってしまう可能性もあるという。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)
「俳優業で英語力を磨き続けたことにより、今年6月からネット配信がスタートした日欧共同製作のHuluオリジナルドラマ『THE HEAD』へ出演を果たすなど、努力を惜しまずに結果を残してきた山下。この出演を足がかりとして、本格的な世界進出が期待されていましたが、諸外国では未成年がらみの事件に対して、日本よりもシビアに扱われる可能性が高いです。そのため、ネット上では『報道が事実なら完全に詰んだ?』『日本の芸能界からも消えてしまうのでは?』など、今後の動向に注目が集まっています」(同)

35歳の男性が飲酒後に女子高生とホテルで密会――。仮に事実だとすれば、字面だけで完全にアウトな案件だが、イケメンのドル箱スターであれば“お咎めなし”となる可能性もある。ジャニーズ事務所の今後の対応が気になるところだ。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者