2021年05月26日更新
坂本昌行 井ノ原快彦 V6

V6・坂本昌行が当て逃げ事故に遭っていた!? 過去にはネットショッピングの詐欺被害にも

5月22日放送のラジオ番組『V6 Next Generation』(JFN系)内で、V6・坂本昌行が“当て逃げ”の被害に遭ったことを告白。

1438
0
5月22日放送のラジオ番組『V6 Next Generation』(JFN系)内で、V6・坂本昌行が“当て逃げ”の被害に遭ったことを告白。自身が車を運転していたところ、妙な音が聞こえたため、のちに確認すると別の車の塗料が残っていたそう。突然の“事故報告”に対し、ともにパーソナリティを務める長野博、井ノ原快彦も衝撃を受けていた。

この日のオープニングトークで、「私、ちょっと前に当て逃げをされました」と切り出した坂本。2人は初耳だったのか、「えっ? ホント!?」(井ノ原)「あらら! 被害、大丈夫ですか? そんなに?」(長野)と驚いたよう。「あれはまぁ、ビックリしましたね」と吐露した坂本は、

「僕が右折車線にいて、左に直進車がいて。ちょっと車高が高いので、見えなかったんですね。で、こうやって待ってたんですよ、右折するのを。そしたら、直進車がまっすぐ行った時に、たぶんミラーかなんか擦ったんでしょうね。“ドドドド”って音がして。なんだ? と思って。(相手の車は)パーって行ったんですよ。でもこっち、右折だったんで。向こうも対向で右折車が来てたんで、行けずに。追っかけることもできず。白い車だったんですけど。たぶん軽(自動車)だったのかな。塗料がちょっと、スーって残ってしまいまして……」

と、経緯を説明。長野が「ナンバーとかもわからず?」と聞くと、「わからなかったですね」と答え、井ノ原は「現行犯じゃないとダメなんだよね」と、後から問題の車を捕まえるのは難しいと残念そうに返した。坂本は「ドキドキして逃げたと思うんですけども。いまだに(相手は)ドキドキしてるでしょうね! ええ、ええ、ええ!」「もし(ラジオを)聞いてたらね!」と、振り返って話すうちに怒りが湧いてきた様子。

井ノ原が「腹立ちますけどね」と同情した一方、長野は「そういう時、ドライブレコーダーついてると、証拠っていうのが残るんでしょうね。わかりやすく、映像としてはね」と、ドライブレコーダーの重要性を主張。これを受け、坂本は「ちょっと前方だけだったので、残念ながらだったんですけども……」とも述べており、いずれにせよ“犯人”の特定はなかなか難しいようだ。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)
放送を聞いたリスナーからは、「本人にけがとかなくてよかったけど、坂本くんの車に当て逃げした犯人は許さない」「坂本くんの車当て逃げした人、今すぐ自首して!」「大きな事故にならなくてよかったけど、坂本くんがかわいそう。今後いいことがありますように……」「当て逃げの犯人、このラジオきっかけに見つかるといいな」など、怒りや安堵の声が漏れている。

坂本といえば、2015年3月にはネットショッピングを利用し、“詐欺に遭ったのではないか”などと、同ラジオで井ノ原と長野に相談したこともある。

当時、坂本はネットで食器を注文。しかし、1週間ほど商品が届かず、問い合わせメールを送ってみると、「実は商品が欠品してて、入荷次第(発送する)」といった内容の返信があったとか。しかし、すでに代金を支払っていたため、坂本は「おかしい」と思い、あらためて購入したサイトにアクセス。すると「HPも開かない」状況だったそうで、「初めての経験で、ちょっと動揺しまして」と明かしたのだ。事情を把握した2人は、「詐欺です」(井ノ原)「しっぽりやられたな」(長野)と断言していた。

ところが、翌月放送の番組内で、坂本は「その2日後、『入金致しました』とメールが来まして。『確認してください』と。で、確認したところ、えー、入金されてまして……。詐欺ではございませんでした」と報告。どうやら、返金対応になったようで、その詳しい理由はわからなかったものの、ひとまず3人は「お金が戻ってきてよかった」と胸をなで下ろしていたのだった。

今回の当て逃げ被害についても、後日、坂本の口から何らかの報告はあるだろうか?
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者