2021年03月11日更新
相葉雅紀 二宮和也

嵐・相葉雅紀が10月期連ドラ主演内定!新規仕事セーブの二宮和也は育休状態に現実味

嵐の相葉雅紀が、今年の10月クールのテレビ朝日の連続ドラマに主演することが内定したと一部ネットメディアにて報じられた。

8999
0
3月9日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、同5日に第1子誕生を明らかにした嵐・二宮和也について、しばらく仕事をセーブする方向であると報道。グループは昨年末をもって活動休止期間に入っているだけに、業界関係者の間でも、「二宮は“育児休暇”状態になるのでは?」とみられているようだ。

「二宮は2019年に元フリーアナウンサーのA子さんと結婚。昨年の大みそかで嵐が活動を休止に入ってからは、自身がMCを務めるレギュラー番組『ニノさん』(日本テレビ系)や『BAY STORM』(bayfm)で、個人での活動を継続しています。そんな中、今年1月に『女性セブン』(小学館)が、A子さんの妊娠をスクープ。それから約2カ月後の今月5日、二宮はジャニーズ事務所を通じて『先日、第一子となる女の子が誕生しました』と報告しました」(芸能ライター)

その際二宮は、「これからは父として家庭を支え、仕事もこれまで以上に精進して参りますので、皆様方には、温かく見守っていただけますと、大変有り難く思います」とコメントしていたが……。

「『週女』によると、二宮は今年、あるドラマで主演することがほぼ内定していたものの、来年以降の放送に持ち越しになったそう。関係者の間では『子育てが落ち着くまではレギュラーの仕事をメインとし、新規の仕事は受け付けない』とみられているようです」(同)

嵐は当初、グループ活動休止と同時に芸能活動を一時休むと発表していたリーダー・大野智を除く4人は、個人で新しい活動を展開するといわれていた。

「櫻井翔は、4月期の広瀬すずとのダブル主演ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)がまもなく放送スタートとなりますし、活動休止前は業界内で最も先行きが不安視されていた松本潤に関しても、今冬には主演ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系)シリーズの映画化が控えているほか、23年にNHK大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めることが決定。また現在、『相葉マナブ』(テレビ朝日系)『VS魂』(フジテレビ系)『I LOVE みんなのどうぶつ園』(日本テレビ系)と、バラエティのレギュラーを3本抱えている相葉雅紀は、実は今年10月期放送の連ドラ主演も内定しているといいます。こうしてそれぞれが芸能活動を充実させていく中、二宮だけ大きな仕事がないところを見るに、しばらく“育休”に近い生活スタイルを取るのかもしれません」(テレビ局関係者)

二宮ファンにとってはやや寂しい状況となりそうだが、その分、新たな仕事を獲得していくほかのメンバーたちの活躍を見守りたい。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者