2020年12月02日更新
NEWS KATTUN KAT_TUN

KAT-TUNとNEWSの合併報道にファンざわつく…発表がギリギリになったのは合体を検討していた証拠

ジャニーズの人気グループであるKAT-TUNとNEWSに「合併」報道が持ち上がり、ファンから歓迎と反対の入り混じった複雑な反応が寄せられている。

8087
0

KAT-TUNとNEWSの合併報道にファンざわつく

ジャニーズの人気グループであるKAT-TUNとNEWSに「合併」報道が持ち上がり、ファンから歓迎と反対の入り混じった複雑な反応が寄せられている。

両グループの「合併」が話題となったきっかけは、今月1日に「日刊大衆」(双葉社)で「師走に合体?“反対と待望”噴出も6人体制へ!?」などと報じられたことだった。

NEWSは2日に放送される『2020FNS歌謡祭第1夜』(フジテレビ系)に出演する予定があり、特別企画「ジャニーズグループコラボ企画」で、KAT-TUN、King & Prince、SixTONESとのコラボも計画されていた。ところが、NEWSの加藤シゲアキと小山慶一郎が新型コロナウイルス感染によって出演取り止めになった。

残った増田貴久が「ひとりNEWS」として出演する可能性もあったが、さすがにひとりだけは厳しい。そこで、一時的なKAT-TUNとの「合体」案が浮上したというのだ。

「番組での一時的な合体のみならず、そのまま合併してはどうかという意見もネット上で多く上がりました。KAT-TUNとNEWSは、デビューから現在に至るまでにメンバーが続々と脱退してきた“ワケあり”なグループ。奔放な元メンバーたちに振り回され続けた苦労人が残っているというイメージも共通しています。だからこそ、ファンから合併を希望する声が上がったのでしょう。ただ、グループや楽曲のカラーはまったく違うため、反対意見も続出しています」(芸能ライター)

一時的な「合体」がウワサされたことでファンがざわついたが、最終的にはNEWSが増田も含めて同番組への出演を辞退。コラボ企画も3組だけで行われることが発表された。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)
どうやら、KAT-TUNとNEWSの「合体」は幻に終わったようだが、発表がギリギリになったのは合体を検討していた証拠ともいえるだろう。さらに、あの「元メンバー」が合併に言及したこともあって今後も可能性はくすぶり続けることになりそうだという。

「今年6月にジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也は、8月に発売したエッセイ本で『自分がプロデューサーだったらKAT-TUNとNEWSを合体させる』『お互いの曲を歌えるようになるからプラスになる』といった主旨のことを記述。両グループのカラーの違いに難色を示すファンも多いなか、元メンバーの手越が合併を勧めたとなれば、思ったほどイメージの違いは問題にならないのかもしれません。手越の場合は無責任にノリで言っているだけの可能性もありますが、NEWSへのグループ愛だけは本物ですからね」(同前)

相次ぐメンバーの脱退で3人になり、グループの存続が危ぶまれながらも奮闘を続けているという共通点を持つKAT-TUNとNEWS。将来的な「奇跡の合体」はあるのかどうか、今後も注目を集めそうだ。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者