2023年01月22日更新
SnowMan 沢田研二 FNS歌謡祭

Snow Manを侮辱?FNS歌謡祭の沢田研二カバーにダメ出しした映画公式SNSが炎上!

コチラの記事では『Snow Manを侮辱?FNS歌謡祭の沢田研二カバーにダメ出しした映画公式SNSが炎上!』についてお届けします!

2651
0
 12月7日、フジテレビ系大型音楽特番『2022 FNS歌謡祭』(第1夜)が放送され、ジャニーズの人気9人組グループ・Snow Manが“ジュリー”こと沢田研二の名曲をカバー。このパフォーマンスに対し、沢田主演映画の公式Twitterが「9人でも勝てない」などと投稿し、ネット上で「Snow Manへの侮辱では?」と波紋を呼んでいる。

 同番組では今回、「リスペクト!!カバー」と称して“世代を超えて愛される名曲”を実力派シンガーがカバーする特別企画を放送。その一つとして、沢田が1977年にリリースした「勝手にしやがれ」をSnow Manが披露した。

 ネット上では、ファンから「スノの『勝手にしやがれ』最高すぎた」「ジャニー(喜多川)さんがリスペクトしてたジュリーの歌を、Snow Manが歌わせてもらえるのはすごく光栄なこと」などと喜びの声が相次いでいる。

「ジャニーズ創業者のジャニー氏は生前、アイドルを売り出すための戦術を、当初提携していた渡辺プロダクション所属のザ・タイガース(沢田らが所属するバンド。のちに解散)から学んだことは有名です。またジャニー氏は、ソロアーティストとして、歌のみならず俳優業やコントもこなす沢田をリスペクトしていた。少年隊の錦織一清は、若い頃、ジャニー氏から『ジュリーを見てごらんよ。あんなに煌びやかに歌っているのに、あんなに面白いことやるんだよ』『見習わなきゃダメ』などと、よく沢田の話をされたことを明かしています」(芸能記者)

 まさに今回のカバーは、ジャニー氏がリスペクトしていた沢田を、世代を超えてSnow Manがリスペクトする……という歴史的な光景ともいえる。しかし、Snow Manのパフォーマンスに水を差すような出来事が起きてしまった。

 『2022 FNS歌謡祭』が放送された7日、沢田が主演を務め、2番手に松たか子が出演する映画『土を喰らう十二ヵ月』(公開中)の公式Twitterが、「うーむ。見てしまいました。 勝手にしやがれ。たしかにダンスにはキレがありました。 でも、歌唱力、歌詞の行間と余韻。あと、ファッション。9人でも勝てない沢田研二さんの実力を痛感しました。でも、若者にもジュリーを知ってもらえるキッカケになって良かった」と、暗にSnow Manの実力不足を指摘するようなツイートをしたのだ。

 これに対し、案の定、不快感を訴えるSnow Manファンが続出。Twitterでは「せっかくその9人がきっかけで知った若者も、わざわざこんな相手を下げるような大人げないツイートされたら、興味を失くすと思いますけど」「公式がこれってドン引きなんだが。ネットリテラシーとかコンプライアンスとかもろもろどうなってんの? ほか下げないとジュリーのこと褒められないくらい、ジュリーの価値って低いんだね」などの反応が見られ、炎上状態となっている。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)
 そんな反応を見てか、問題のツイートはその後削除されたが、批判は止まず。加えて、『土を喰らう十二ヵ月』公式アカウントはほかにも、沢田が「勝手にしやがれ」歌唱中に行っていた帽子を飛ばすパフォーマンスをSnow Manが取り入れなかったことに対し、「ハットをかぶる角度。飛ばすの楽しみにしてたのに……」とダメ出し。Snow Manがカバーすることが発表された11月26日の翌日にも、「出来ることなら、沢田研二さんで聴きたい~」などとツイートしており、こちらは削除されていない。

「同アカウントを管理しているのは、配給会社である日活の関係者なのか、制作会社のオフィス・シロウズであるのか、はたまた監督個人であるかは不明ですが、ネットリテラシーが低い人物であるのは確かでしょうね。また、沢田の熱心なファンの中には、沢田を愛するがゆえに、やはりSnow Manの力量不足を指摘する人も散見された。こうした反応を見たテレビ局側が、炎上リスクを下げるため、今後、沢田のカバー企画を敬遠するようになってもおかしくありません」(同)

 一般的に“自我はトラブルの元”といわれる公式アカウント。今回のダメ出しツイートを、Snow Manメンバーがどう受け止めたのかは気になるところだ。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者