2020年08月04日更新
香取慎吾 新しい地図 SMAP

ジャニーズ事務所の圧力はまだ続いている?新しい地図・香取慎吾の発言が波紋「本当にテレビ出れない」

2016年をもって解散したSMAPの元メンバー、香取慎吾がネット番組の中で漏らした本音が話題となっている。

1358
0
2016年をもって解散したSMAPの元メンバー、香取慎吾がネット番組の中で漏らした本音が話題となっている。

香取、草なぎ剛、稲垣吾郎の「新しい地図」の3人は8月2日、AbemaTVのレギュラー番組『7.2 新しい別の窓』に出演。タレントの中山秀征をゲストに迎えた「ノーカット72分スペシャルホンネトーク」で、ジャニーズ事務所からの独立について語った。

中山は終盤、「やめて良かったこと」をぜひ聞きたいと独立について質問。草なぎは、「すごく守られていた」と、ジャニーズ時代は事務所の力に守られていたと振り返りつつ、「自分から発信できることが何かあるんじゃないかなってちょうど思っていたので、いいタイミングだった」と、独立は適切な時期であったことを明かした。

これに中山が「“いばらの道だけどやっていく”っていうのは、すごいなと思う」と3人の決断をたたえると、香取は「良くなかったことというか……」と、独立したことによる“弊害”について語り始め、「(独立して)3年ぐらい経つんですけど、本当にこんなにテレビ出られないんだなって」と本音を吐露。「最近“ステイホーム”とかで、家で(テレビを)いろいろ見るじゃないですか。改めて、『あれ、本当にテレビ出れないんだ』みたいなのは、最近(感じてる)」とぶっちゃけた。

中山は対応に困ったのか、「(出れないのは)自粛期間だからですよね?」とフォローを入れようとしたが、香取は「呼んでいただれば行きたいですし、もう一度本当に頑張ろうと思ってて。でも3年経ったんだけど、『こんな出れないんだ』と」と続け、オファーが来ていない現状を暴露。この香取のぶっちゃけ発言に、稲垣は静観していたが、草なぎは「テレビ出たいよね」と同調した。

香取、草なぎ、稲垣の3人は昨年末の『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)に出演。独立以降3人が揃って地上波キー局の番組に出演したのは初めてだったこともあり、大きな話題に。昨年7月には、新しい地図の民放出演に対し「圧力をかけた疑い」について公正取引委員会がジャニーズ事務所を注意したと報じられており、『笑ってはいけない』出演をきっかけに風向きが変わるものと見られた。しかし、徐々に地上波の出演は増えてきているものの、まだまだ少ないと言えるだろう。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)
そのため、この香取の発言に対しファンからは「3人に原因があるのではなく、各テレビ局が忖度している結果なのだろうね」「よくわからない圧力に屈することなく頑張ってほしい」と、現在も“圧力”が存在していると考えるコメントが多く見られる。

番組では、2021年にNHKで放送される大河ドラマ『青天を衝け』に草なぎの出演が決まったことにも触れられていた。NHKでは、稲垣吾郎が『不可避研究中』や『100分deナショナリズム』で司会を務め、また連続テレビ小説『スカーレット』に出演。香取も4月放送の『SONGS』が4年ぶりの地上波音楽番組出演になるなど、NHKが積極的に“忖度”文化に風穴を開けようとしていると見られている。

1年後、香取の「本当にテレビ出れない」発言は過去のものとなっているだろうか。それとも……。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者