2019年05月20日更新
ジャニーズ 裏垢流出 インスタ

山下智久(山P)公式インスタグラム開設は是か非か?裏アカウント炎上のリスクは軽減されず【裏垢流出】

今月16日、山下智久が突如、公式Instagramアカウントを開設した。ジャニーズタレントとしては異例のことであり、しかもトップレベルの人気を持つ山下智久とあって、瞬く間に拡散することは必然だっただろう。

9437
0

山下智久が公式インスタグラムアカウント開設

今月16日、山下智久が突如、公式Instagramアカウントを開設した。ジャニーズタレントとしては異例のことであり、しかもトップレベルの人気を持つ山下智久とあって、瞬く間に拡散することは必然だっただろう。同日の21時頃には、山下智久のInstagramフォロワー数は100万人を突破している。丸1日が過ぎた17日現在、フォロワー数は171万人まで増加。16日の投稿には、3万人超のコメントと、90万人超の「いいね!」がついている。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)

ジャニーズで次にインスタを始めるのは誰だろう?

ジャニーズ事務所といえば、ほんの少し前まで“ネット厳禁”の世界であった。緩和されつつあるが、以前はニュースサイト、映画やドラマなどの公式サイトに、タレントの写真を掲載することを固く禁じ、たとえ主演ドラマでも顔写真は一切登場しないなんてこともあったのだ。

ブログやTwitter、InstagramなどのSNSも同様だ。現在も、ジャニーズタレントたちは事務所公式サイト内の有料会員専用ブログをメッセージを発信することはあっても、公にはSNSと距離を置いている。

インスタ開設、次は木村拓哉?
それでも状況は刻々と変化している。昨年3月、ジャニーズ事務所はYouTubeに「ジャニーズJr.チャンネル」を開設。2019年5月現在、チャンネル登録者数は58万人超。Snow Man、SixTONES、HiHi Jetsなど、ジャニーズJr.内のユニットの動画がアップされ、中でもSixTONESが高い人気を誇っている。

また、昨年6月には山下智久が、12月には木村拓哉が、中国版ツイッターの「Weibo(微博)」でアカウントを開設。中国圏においても彼らの人気は高い。ドラマの公式Instagramアカウントなどでも、稀にではあるが、出演するジャニーズタレントが写ったオフショットが公開されることが出てきた。

そして今回の、山下智久Instagram。SNS上では大勢のファンが歓喜し、また、嵐や関ジャニ∞など他のジャニーズタレントのInstagram開設を期待する声も出ている。「ジャニーズで次にインスタを始めるのは誰だろう?」との予想合戦も繰り広げられるほどの盛り上がりだ。なお、筆頭に上がっているのは、山下と同じくWeiboでアカウントを持つ木村拓哉である。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)

ジャニーズ初のインスタ開始で歓喜の声続出も反対の声も多数

スポンサーリンク

スポンサーリンク

しかしその一方で、ジャニーズというブランドイメージの低下や、ファンとの距離が近くなることを危惧し、山下智久のInstagram開設に良い印象を抱かないファンもいるようだ。「山Pはいいけど自担は絶対にやめてほしい」という声や、「ジャニーズにはSNSをやってほしくない」とジャニーズタレントのSNS進出に反対の立場を取る声も少なくはない。

同時に「炎上」を懸念する声もある。タレントがInstagramやTwitterで不用意な投稿をして炎上すれば、むしろイメージが低下してしまうからだ。誤爆も怖い。ただ、ジャニーズに限らず全てのタレントがそうだろう。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)

裏アカウント炎上のリスクは軽減されず【裏垢流出】

ジャニーズタレントの裏アカウント流出は多い
ただ公式には禁止されていても、今時、ほとんどの若者はSNSをやっている。過去にはジャニーズタレントによるSNS裏アカウントと見られるものや、LINEのトーク画面のスクリーンショットと思われるものなどが拡散され、何度も炎上している。

たとえば昨年デビューしたKing&Prince(キンプリ)では、平野紫耀や永瀬廉、高橋海人の裏アカウント疑惑が騒がれた。

2015年には関ジャニ∞の大倉忠義のInstagram裏アカウントと見られるものが流出し、自撮りや喫煙写真が拡散。2017年にはNEWSの手越祐也と思われるLINEアカウントが流出したこともある。手越といえば、昨年12月にもスマートフォン版バトルロイヤルゲーム「荒野行動」に、本人を名乗るTwitterアカウントが登場して騒ぎになったことも記憶に新しい。

たとえ公式アカウントがあってもプライベートの裏アカウントの撲滅につながるとは考えづらい。ファンは公式アカウントの炎上を危惧しつつも、裏アカウントを追跡・監視していくのだから、大変だ。
引用元:news.merumo.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者