嵐の担当スタッフがSexyZoneに異動!キンプリやキスマイと並ぶポスト嵐として後継候補に急浮上

嵐の担当スタッフがSexyZoneを見るようになったと日刊大衆が報じている。業界では最近になってSexyZoneの評価がうなぎ上りだそうです。

4744
0

SexyZone、キンプリやキスマイと並ぶポスト嵐として後継候補に急浮上

国民的グループの嵐が今年いっぱいで活動休止することを受け、テレビ各局では“ポスト嵐”となりうるグループを囲って、深い関係性を築こうとしていると言われている。

「日本テレビはこれまで“キンプリ推し”と言われてきました。キンプリは2018年4月より朝の看板番組『ZIP!』にも出演し、冠コーナーも任されています。

また、今年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティーにはキンプリから岸優太(24)が起用されていますからね。ただ、中島に続いて菊池をドラマの主演に抜擢。ここにきて、日本テレビはセクゾともいい関係を築いていこうとしているのではないでしょうか」(制作会社関係者)

これまでセクゾはフジテレビと密な関係を築いてきたと言われている。

2019年1月にスタートしたフジテレビの『アオハル(青春)TV』には、セクゾの菊池と佐藤勝利(23)が出演。番組は同年9月で打ち切りとなったものの、今年4月からはセクゾの冠番組『Sexy Zoneの進化論』がフジテレビTWOとスカパー!でスタートした。
引用元:taishu.jp(引用元へはこちらから)
「セクゾはキンプリとキャラクターが被っているとささやかれたこと、ジャニーズ事務所がセクゾに来たオファーも“キンプリを使ってほしい”とキンプリを露骨に売り込んでいたという話もあり、ここ数年は低迷していると言われていました。ところが、少し前に、嵐を担当していたスタッフが彼らを見るようになり、現在、大規模な“テコ入れ”が行われているといいます。

中島と平野の新プロジェクトもそうでしょうし、菊池のバラエティ番組への積極起用もその一環なのかもしれません。また彼らは、2011年11月のデビューから所属していたレコード会社を離れ、海外展開も視野入れて新たなレコード会社に移籍しています。

さらに、8月12日には突発性パニック障害で活動休止していたメンバーの松島聡(22)の活動再開も発表され、セクゾは今まさに“復調”してきていると言えるのではないでしょうか。日本テレビも“ポスト嵐”としてキンプリだけでなく、セクゾも候補として考えているのかもしれませんよね。

そう考えると『VS嵐』のフジテレビ、『嵐にしやがれ』の日本テレビと、嵐の冠番組を抱える両局からセクゾは注視されているということにもなります。来年以降、日本テレビとフジテレビでセクゾの冠番組がスタートする、なんてこともあるかもしれないですね」(芸能プロ関係者)

松島の復帰でますます期待が高まるセクゾの躍進。今後の5人の活躍からも目が離せない!
引用元:taishu.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者