滝沢歌舞伎公演終了後の特別演出が炎上…ブログで目黒蓮とラウールが釈明するも中止組の怒りは収まらない?

Snow Man主演の舞台『滝沢歌舞伎 ZERO 2021』が緊急事態宣言を受け、4/25~5/11までの公演中止を決定。これを受け、4/24夜の休止前の最後の公演後では幕を下げない、観客を見送るといった異例の演出があったとしてファンの中で賛否両論を呼ぶ事態となっている。

11272
0
4月8日から5月16日まで東京・新橋演舞場で行われる予定のSnow Man主演の舞台『滝沢歌舞伎 ZERO 2021』が緊急事態宣言を受け、4月25日から5月11日までの公演中止を決定。これを受け、4月24日夜の休止前の最後の公演後では幕を下げない、観客を見送るといった異例の演出があったとしてファンの中で賛否両論を呼ぶ事態となっている。

「観劇したファンによると、24日の公演では舞台終了後にリーダーの岩本照さんから挨拶があり“滝沢歌舞伎は前に進み続ける”という意味で幕は下ろさないという演出がなされ、Snow ManとIMPACTorsのメンバーが舞台にいるまま観客を見送るという流れになったとのこと。みな観客を笑顔で見送っており、中には手を振るメンバーもいるなどかなりのファンサービスがあったとのことです」(週刊誌記者)

また、4月25日にはJohnny’s webにて「すの日常 The Movie」が更新され、滝沢歌舞伎の舞台で衣装を着用したメンバーたちがファンにメッセージ。岩本が「まあ今こそね、こう1人ひとりが予防対策をしっかりとして、みんなでね、一丸となって、この壁を乗り越えていきたいと思います」と語り頭を下げると、他のメンバーも次々に頭を下げてファンに公演休止を陳謝。「間違いない」「みんな、笑ってね」とメンバーからも明るい声がとぶ中、岩本は「誰もが経験したことないことだから……。ある意味、初じゃないですか」と新型コロナウイルスの脅威について言及。他メンバーも「そうだよ!」「笑って乗り越えよう」と口々に岩本に同意するなど、前向きな言葉をファンに届けるべく努めて明るく振る舞っていたのだった。

しかし、この「幕を下げない・観客を見送る」という演出に対し、中止のせいで観劇をできなくなってしまったファン、及びチケットを獲得することができなかったファンなどから不満が噴出。ネット上では「みんなの優しさは痛いほどわかるけど優しくする相手間違えすぎじゃないかな」「夜公演の人は普通に見に行けてるわけだしその人たちだけ得するのはおかしい」「幕が上がらない人からしたらこの見送りは辛いってわからない?」といった悲痛な声が続出している。

「今回の舞台は全日程が即日完売で、転売チケットなどもかなり高額になっているプレミアもの。行けるはずだったファンの絶望感たるや相当なものでしょう。今回の演出は前向きな内容だとは思いますが、確かに行けなくなった人からすればうらやましいやら悔しいやらで傷口に塩を塗られるような気持ちになっても致し方ない」(芸能事務所スタッフ)

とはいえ憎むべきは新型コロナウイルスなのは間違いなく、滝沢歌舞伎のみならずゴールデンウィーク期間に行われるはずだった舞台やコンサートや映画、遊興施設などが軒並み中止になり、ありとあらゆる人が悔しく残念な気持ちになっているであろう現在。このつらい気持ちを感染予防へのパワーに変えて、早く平穏な日常を取り戻したいものだ。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者