SixTONES・高地優吾が藤本敏史の前で木下優樹菜と叫び視聴者騒然!いけないワードがトレンド入り

SixTONESの高地優吾が新バラエティ番組『オトラクション』(TBS系)でまさかの発言をし、トレンド入りするなど大きな反響を呼んでいる。

1721
0
SixTONESの高地優吾が新バラエティ番組『オトラクション』(TBS系)でまさかの発言をし、トレンド入りするなど大きな反響を呼んでいる。

音楽ゲームをアトラクション化するという趣旨の同番組は、昨年8月の放送に続いて、今月23日に2時間スペシャル特番として戻ってきたが、ここにジェシー、京本大我、田中樹、高地の4名が「SixTONESチーム」として出演した。

しりとりを“音ゲー”化した「リズムしりとり」で対決する2回戦では、SixTONESチームから高地と田中が参加。まず『プレバト!!』チームのFUJIWARA・藤本敏史らと戦ったのだが、途中、「き」から始まる言葉がなかなか出てこない高地は咄嗟に「木下優樹菜!」と叫び、このまさかの発言に対戦相手の藤本から「あかんやろ!」「完全に俺見て……(言ってた)!」などとツッコまれることに。

高地の“失言”はさらに続き、結局『プレバト!!』チームに敗れてしまい、ゲーム後にMCの西川貴教から「最初は調子よかったのにね?」と言われた高地は、「いけないワードを言ってから……(ペースが崩れた)」と弁明。「“いけないワード”って」とスタジオをふたたび笑わせることになった。

藤本に対する元妻絡みの“イジリ”については「タピオカ」ネタがもはや定番化しているが、芸能界を引退したこともあってか、フルネームで言及されることはきわめて珍しいため、このやりとりに視聴者は騒然。SNSでは「フジモンの目の前で平然と木下優樹菜とか言っちゃった優吾くんさすがに天才」「高地くんの木下優樹菜おもろすぎてちょっと好きになった」「高地がいけないワードを発してしまったくだりが一番笑った」と爆笑したという声が多く上がっており、一時はTwitterで「木下優樹菜」がトレンド入りするという反響を呼んだ。

高地といえば、ジャニーズタレントが集結した映画『少年たち』(2019年公開)の撮影の際、足に古傷があるという看守の役で出演していた関ジャニ∞・横山裕に対し、「横山くん、足大丈夫ですか……?」と本気で心配したというエピソードでも知られる。グループでは“天然王子”の京本の影に隠れがちな高地の天然キャラだが、今回は大いに発揮されたようだ。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者