2019年12月11日更新
松本潤 二宮和也

【嵐】松本潤から二宮和也へのコメントがファンの間で波紋「敬語だし他人行儀」「修復不可能レベル」

週刊TVガイドに嵐の5人が登場するも、記事ページの中での松本潤さんから二宮和也さんへのコメントが、他のメンバーへのものに比べ、内容が他人行儀ではないかとファンの間で波紋が広がっている。

13557
0

松本潤から二宮和也へのコメントが他人行儀すぎてファンの間で波紋

「週刊TVガイド」(2020年1月3日号)に嵐の5人が登場するも、記事ページの中での松本潤から二宮和也へのコメントが、他のメンバーへのものに比べ、内容が他人行儀ではないかとファンの間で波紋が広がっている。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)
記事内には、松本から他のメンバーへのメッセージが掲載されていたが、松本から二宮へは「’20年もとにかく突っ走っていきたいなと思っているので、お互いに全力で突っ走っていきましょう!それまでに嵐の5人として何ができるのか。前進あるのみ!」という敬語を使ったメッセージ。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)
それに比べ、例えば櫻井翔に対しては「『Turning Up』のラップもそうだけど、自分たちがこういうイメージで楽曲を作りたいという全体的なテーマに、ピタッとくる歌詞を乗っけてくれる。’20年、ライブ以外の部分でどんな音楽活動をするのかまだ細かく決まっていないけど、そんな歌詞が嵐の言葉として伝わる機会が、さらに増えていくといいなと思っているよ」とタメ口&作詞を褒めるなど、個人的で親しげな内容となっていた。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松本と二宮といえば、二宮の結婚発表後、コンサートや音楽番組などで見せる松本から二宮に対する態度が、以前と比べてよそよそしいとしてファンの間で話題に。特に11月27日放送の『ベストアーティスト2019』(日本テレビ系)では、他の4人が肩を組む場面で松本だけ二宮に手を回さないなどの行動を取るなどし、2人の不仲説に拍車がかかることとなっている。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)
今回の松本の二宮に対するメッセージを受け、ネットでは「1番年齢が近いはずの末ズなのに敬語だし他人行儀」「他メンには個人的な事とかなのに二宮くんにはよそよそしい(あくまで主観)」「テレガイの潤→和也へのメッセージがどうしても上辺でしかない」「雑誌見たけど、もう、ここまで来たら何も無いとは思わない」「もうこれは修復不可能レベルじゃん……」といった嘆きの声が続出していた。

松本といえば12月1日にブログ「Enjoy」を更新した際、「戸惑っている人がいるというのもSNS上で見ています」と、エゴサーチしてファンのツイートなどを読んでいることを告白しているが……。

「SNSでエゴサしているということは、ファンの不仲に関する不安の声も届いているはず。それでも、テレビや雑誌という全国のファンに届く媒体でも不仲を匂わせてしまうというのは、かなり深刻なところまで来ているのでは……。そうなってくると、活動休止以降のグループ復活にも暗雲が立ち込めてしまいますね」(芸能事務所関係者)

早く以前のように仲の良い2人の姿が見たいと願うファンは多いだろうが、この願いは届くのだろうか……。
引用元:entamega.com(引用元へはこちらから)

ネットの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者