2020年09月23日更新
丸山隆平 関ジャニ 山口達也

山口達也容疑者の二の舞に?過去に「気絶するまで飲む」発言で酒トラブルが心配されるあのジャニーズ

TOKIOの元メンバーの山口達也容疑者が、酒気帯び運転により現行犯逮捕された。他のジャニーズタレントもアルコール依存が心配だと芸能誌「サイゾー」が報じている。

2908
0

あのジャニーズタレントに酒トラブル懸念!?

TOKIOの元メンバーの山口達也容疑者が、酒気帯び運転により現行犯逮捕された。22日午前、山口容疑者が運転するバイクが信号待ちをしている車に追突。車の運転手が警察に通報し、かけつけた警察官が山口容疑者の呼気を調べると基準値を超えたアルコールが検出されたという。

山口容疑者は18年5月にジャニーズを退所するきっかけにもなった、未成年への強制わいせつ事件の際にも飲酒しており、また16年の離婚発表の際にも原因のひとつに「酒の飲み方」があったことを明かしていたが、こうした度重なる酒トラブルにアルコール依存を疑う声もあがっている。

「18年に事件を起こした際も、アルコール依存疑惑を指摘されていました。TOKIOが行った謝罪会見でもこの件に触れていましたが、その時はメンバーの松岡昌宏が『正直僕らはアルコール依存症だと思っていました。ですが、いろんな病院に診断書をもらってもアルコール依存症というのは出ていないんです』と説明していましたね。しかし、今回の事故の際、山口容疑者からビール缶7~8杯分という相当の量のアルコールが検出されたといいますから、これはもう一度検査する必要があるでしょう」(芸能記者)

山口容疑者は若い頃から酒を嗜んでいたといい、年々酒量が増えていったという経緯もあるという。一方で、山口容疑者のように、アルコール依存を心配されるジャニーズのタレントはほかにもいる。テレビ局関係者が声をひそめる。

「危ないなと感じるのは関ジャニ∞の丸山隆平さんですね。無類の酒好きで、打ち上げの席などでも相当の量を飲むといいますし、実際に二日酔いの状態で現場に現れたこともあります。また同じく関ジャニの安田章大さんは、番組で『休みの日は朝から気絶するまで酒を飲む』と告白し、周囲を驚かせたことがあります。関ジャニはこうした酒エピソードをよく笑い話にしてますが、正直あんまり笑えない。彼らもそろそろアラフォーに差し掛かりますから、若い時の感覚のまま酒を飲んでると、山口さんのようなトラブルに発展しかねない。ファンからの心配の声も聞こえてきますしね」(テレビ局関係者)

ジャニーズタレントの酒癖については、やはりJr.時代から酒席につく機会が多いことも関係しているのではないかという。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)
「ジャニーズさんは未成年の飲酒・喫煙には厳重な処罰をくだしてきた歴史がありますが、それでもジャニーズJr.の飲酒・喫煙率はめちゃくちゃ高い。というのも、やっぱり若いうちからテレビに出て有名になるわけですから、酒席への誘惑も多いんです。

また、今のJr.は給与面などが改善されましたが、一昔前のJr.は本当に安月給で食うや食わずの状態でいる子も結構いました。ステージがあるので普通のアルバイトはできませんし、そうなるとお小遣いをくれる大人の“パトロン”をつけるパターンが多々あった。関西Jr.は特にその傾向が顕著だったとも言われています。パトロンから酒やタバコを教わるといったこともあり、若いうちからそうした嗜好品の味を覚えて、大人になるにつれ量が増えていくということもあったでしょう」(大手芸能事務所関係者)

ジャニーズだけでなく、アルコールトラブルを起こす芸能人は多い。今回の事件をきっかけに、芸能事務所もタレントへのケアの方法などを見直す必要があるかもしれない。
引用元:www.cyzo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者