美 少年・浮所飛貴『胸きみ』でマナー違反者続出「スマホ弄ってた」「手叩いて爆笑」ファンの鑑賞に苦言も

ジャニーズJr.内ユニット・美 少年の浮所飛貴が初主演を務める映画『胸が鳴るのは君のせい』が、6月4日に公開初日を迎えた。国内映画ランキングでは初登場9位にランクインした一方で、ネット上には鑑賞マナーについて苦言も出ている。

1736
0
 ジャニーズJr.内ユニット・美 少年の浮所飛貴が初主演を務める映画『胸が鳴るのは君のせい』が、6月4日に公開初日を迎えた。国内映画ランキングでは初登場9位にランクインした一方で、ネット上には鑑賞マナーについて苦言も出ている。

 同作は、累計発行部数250万部を超えた大ヒット少女マンガ『胸が鳴るのは君のせい』(紺野りさ/小学館)の実写版。クールな転校生・有馬隼人(浮所)に思いを寄せるヒロイン・篠原つかさ(白石聖)の片思いを描いた青春ラブストーリーだ。総合映画情報サイト「映画.com」によると、同作は全国107館で封切りされ、6月7日発表の国内映画ランキング(同5~6日、興行通信社提供)では、初登場9位を記録した。

 浮所は今作で映画初出演にして初主演を飾ったが、映画を見た人からは「ストーリーも浮所くんの演技もとてもよかった」「白石さんの演技がめっちゃうまかったし、浮所くんも初映画とは思えないくらい堂々としてた」「原作の大ファンだけど、映画も大満足!」などと、おおむね好意的な感想が寄せられている。

 しかし、一部の劇場ではマナー違反者が目撃されていたようだ。映画館においては、観客が声や音を出すことが特別に認められた「応援上映」も存在するが、基本的には「上映中のおしゃべりはご遠慮ください」などと呼びかけられている。また、コロナ禍の今は、感染対策としても会話を慎むよう注意喚起する劇場は多い。

 一部のネットユーザーの間で「『胸きみ』見てきたけど、ジャニーズJr.ファンのマナーが気になった。館内が暗くなってもスマートフォンをいじるし、浮所くんが映るたびにうるさい」「映画は本当によかったけど、客席がずっと応援上映状態で、内容がちゃんと頭に入ってこなかった」「歓声上がるわ、手叩いて爆笑するわ、ずっとおしゃべりりしてるわ……。素敵な映画だったのに、ファンのせいで台無し」など、辛らつな感想が出てしまったのだ。

「同作は“胸キュンシーン”も多いため、浮所のファンには衝撃的な場面があったのでしょう。そのせいか、声が漏れたり、友人に話す人もいたようです。こうした書き込みがSNSを中心に広まったことで、『鑑賞マナーが悪いと話題の「胸きみ」を見てきたら、本当に悲鳴上げてるファンがいた』というツイートも上がっています。しかし対照的に、『気になったから見にいったけど、お客さん静かだったし、思ってたより皆さんマナー守ってた』『自分が見た時は誰もスマホいじってなかったし、しゃべってなかった』との声も。すべての映画館でマナー違反者が確認されているわけではありません」(ジャニーズに詳しい記者)
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)
 とはいえ、ネット上の情報だけを見て「映画見てないけど、浮所担のマナーどうなってんの?」「美担はここまで非常識なのか……」と驚く書き込みもあり、今回の一件でタレントやグループ、そして作品に対する印象を悪くした可能性も少なくないだろう。

 また、美 少年に関しては、ほかのメンバーが出演した舞台でも、観劇マナーが問題視されていた。

「昨年11月に岩崎大昇が主演を務めた『ELF – The Musical/エルフ・ザ ミュージカル』の公演期間中、同舞台の公式Twitterにて『ここまでの公演で、一部観劇マナーの良くない方が散見されております』と報告。さらに、観劇中の録音や録画は禁止、上演中のおしゃべりも『お控えください』などと、注意喚起したんです。そして今春、那須雄登がミュージカル『魔女の宅急便』に出演した際も、同舞台の公式Twitterが『誠に残念なことに、ここまでの公演で一部のお客様にマナー違反が見られます』『劇場楽屋口付近での入待ち・出待ち・撮影などの行為は一切お止め頂きますようお願いいたします』と、呼びかけていました。この時も、ネット上では『同じファンとして情けない』『今後の仕事に関わるかもしれないから、マナーは守って』などと苦言が寄せられていました」(同)

 作品自体の評判は上々ながら、一部観客の言動に批判的な意見が寄せられている『胸が鳴るのは君のせい』。記念すべき浮所の初主演作を成功させるためにも、ファンにはマナーを守って映画を観賞してほしいものだ。
引用元:www.cyzowoman.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者