2020年04月13日更新
KinkiKids 解散 Kinki #キンキ

Kinki Kids解散!?年末年始のドームコンサートで重大発表へ「キンキが解散したらやだよ」

Kinki Kidsが解散?年末年始のキンキのドーム公演のどこかで何やら大きな発表があるのではとジャニーズ担当記者の間で噂が広まっているといいます【覚醒ナックルズ】

14098
0

Kinki Kids、年末年始のドームコンサートで重大発表か!?

ジャニー前社長の死後は新体制となり、数名の離脱や恋愛スキャンダルはあったものの、目立って大きなトラブルは無い状態のジャニーズ事務所。

しかしここに来て、あのベテラン組に不穏な動きがあるようだ。

「古株組となる Kinki Kids(キンキキッズ ※以下キンキと記す)が解散間近との話をところどころで耳にする。剛が他の事務所へ移籍するという噂も根強いようだ」(スポーツ紙ジャニーズ番記者)

その堂本剛(40)、10月に発行されたファンクラブ向けの会報で、何やら不審とも異常とも取れる言動をして注目が集まっている。

『自分のやりたいことができる人生を歩んではこなかった』
『客観的に自分を見たとき、かわいそうだな』
『僕の魂は、もう少しこういうふうに生きたかっただろうなって思うこともあるよ』
『ジャニーズだからっていうような概念は第三者が勝手に提供してくれるもの』
『第三者が作った概念にお付き合いすることに対して、あまり意味を感じなくなってしまった』

これらの衝撃的な言葉は、すべてその会報内のインタビューで語られた剛自身から発せられた言葉である。

「完全に自分の今までのアイドル人生を否定しているどころか、ある意味ジャニーズ事務所自体を否定する言葉も多い。一番の問題は、これが事務所管轄下で発行されたオフィシャルな媒体に載せられているということ。普通だったら本人がここまで話しても経営陣に忖度してカットするはず」(同前)

関連記事 『Kinki kids』残留で見えてくるジャニーズ内部事情

逆に言えば、もっとキツイ話をしていたのを、オブラートに包んで修正したうえでのこれらの言葉なのかもしれない。どちらにしても、自分の過去とそして現状に対して、何らかの大きな不満があるのは間違いないだろう。

しかし、これだけではキンキ解散・剛退所とはならないはずだが。

「キンキの2人はベテラン組のなかでは特にジャニーさんと近かった関係。光一なんかもタッキーに後継を奪われたショックで退所か、なんて声も大きかったが、意外に世渡り上手なのかジュリーさんとも話すし、やはりまだまだ表現者として表舞台に出たい人。その反面、剛は現体制で完全に浮いてしまっている。そして個人の音楽活動をもっと本格的にやりたいと聞く」(ジャニーズに近い芸能関係者)

ジャニーさんの死去と前後して、ある変革があったことも孤立を深めた要因のようだ。

「今春、事務所本体の超大物役員であり、キンキの活動拠点ともいわれていたジャニーズエンタテイメントの社長も勤めていたK氏が一線を退き、その会社も本体に吸収された。K氏は山下達郎・竹内まりや夫妻擁する音楽系事務所Sが本籍地でそこの社長でもあった。さまざまな音楽クリエーターも所属し、剛のソロプロジェクトには欠かせないブレーンもK氏一派。ジャニーさんの死、K氏の離脱……もうジャニーズに残っている意味を見出せないそう」(同前)

どうやら、こんな具体的な話もあるようだ。

「K氏がジャニーズから離れる段階で、ごく一部のタレントの将来的な受け皿となるような話があったらしい。その筆頭が堂本剛ということなのかもしれません。剛がK氏のおひざもとであるS社に所属してもある意味自然な流れでは。年末年始のキンキのドーム公演のどこかで何やら大きな発表があるのでは」(K氏を知る音楽関係者)

CDデビューの数年前、お互い中学生の時代から2人で活動し30年近くなるキンキ。

ともに40代をむかえた今、お互いがそれぞれの道へ進むということは何ら不思議のないことではある。遠くない未来で “大きな動き” があったとしても、それを受けとめて応援するのが真のファンといえるだろう。(瀬戸ジーニアス)
引用元:k-knuckles.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者